市役所が旧正月での花火の使用禁止を発行(1月31日)

市役所が旧正月での花火の使用禁止を発行(1月31日)

 

 

 

 

市役所は、安全のため来週の旧正月に、花火を許可なしに使用することを発表しました。
Khuong Sreng知事は、2月4日から6日の間のにこれらの禁止事項を違反する人々に対して法的措置が取られると述べました。

「政府は、旧正月の間に市役所が花火、爆竹、または爆発的な騒音を発生させるものの使用を許可していないことを地方自治体および一般市民に知らせて欲しいです。」とSreng氏は述べました。「これらの禁止事項を行うことを禁止するとともに、宗教的および伝統的な儀式も禁止します。」

彼は、娯楽施設や市場を含むすべての民間企業は、自社の施設の安全性とセキュリティに責任を負わなければならないと述べました。
「今後は、全ての当局がプノンペンで爆竹や花火の配布をする者に対して厳格な行動を取らなければなりません。」とSreng氏は述べました。「これらの花火は没収しなければならず、首都の市場で入手できないようにしなければいけません。」

彼は、市の宗教部がこの問題を議論するために中国とベトナムの協会を招待することを決定したと言いました。
「この規約に違反した人、あるいは社会的不安をもたらすような行為をおこなった場合、罰せられるでしょう」とSreng氏は述べました。
昨日、Meanchey地区の匿名の食料品販売業者は、毎年この時期に爆竹を販売していると言っています。

「私は誰にも見られないように花火を隠していますが、誰かがそれを売るように頼んだ場合、私は売っています。」とVendor氏は言った。「私の顧客は、主に旧正月の夜に遊びたい子供です。私は大量に売るのではなく、数箱の爆竹を売るだけです。」
また、Koh Kong州は、もうすぐ行われる中国とベトナムの旧正月で、規制のかかっていない花火の使用禁止を発表しました。

先週、副州知事Phy Toun Phlamkeysonは、火災が関係する事故は中国とベトナムの新年のお祝い中に過年度に起こったと述べました。

「私たちは爆竹やあらゆる種類の爆発物の使用を許可していません」とToun Phlamkeyson氏は言いました。
今後の旧正月での火災事故を防ぐために、市役所は20の消防車を配備しました。

市の消防署の報告によると、昨年首都で90回の火災が発生し、3人が死亡、12人が負傷しました。

出典:Khmer Times