女性はレンタカーを担保に出し、18年間投獄されます(1月30日)

女性はレンタカーを担保に出し、18年間投獄されます(1月30日)

 

 

 

 

 

プノンペン市立裁判所は昨日、女性に懲役18年の刑を言い渡し、詐欺の罪が認められた後、合計116,200ドルを原告に支払うよう命令しました。
Seng Leang裁判官は、Por Senchey地区のChom Chao I自治体の賃貸住宅に住む土地ブローカー、Kheam Rotha氏(35歳)が告発されました。
「裁判と被告人の自白に基づいて、裁判所は彼女を有罪と認定しました。」と彼は言いました。「したがって、裁判所は彼女に有罪判決を下し、18年の懲役刑を宣告し、原告に合計116,200ドルを支払うよう命令しました。」
Leang裁判官は、Rotha氏は詐欺で起訴され、5月14日にKandal州の軍事警察により逮捕されたと述べました。彼は、彼女がそれに同意しなかった場合、Rotha氏に控訴裁判所の判決に対して控訴するよう勧めました。
評決後、Rotha氏は控訴しないと述べました。
「私の判決は重いですが、それを認め、控訴裁判所に控訴することはないと思います。」と彼女は言いました。「しかし、私が原告にお金を支払った後、刑を2年に減らし、残りを延期するよう裁判所に要請します。」
軍事警察の報道によると、2016年から昨年までの間、Rotha氏は16人の所有者から合計42台の車を借りて、月額500ドルから1,000ドルを支払いました。
車を手に入れた後に、月額600ドルから1,500ドルほど車をレンタルし直し、ガレージにあった車をプノンペンとその周辺地方の担保に出しました。
Rotha氏が5月14日に逮捕された後、軍事警察はプノンペンとKandal州のガレージから34台の車を回収しました。他の8台の車はまだ行方不明です。

1月16日の彼女の裁判の間に、Rotha氏は違反を犯したことを認め、16人すべての自動車所有者への損害を償うと約束しました。
「私はお金を稼ぐために車の一部を他の人に借りました。」と彼女は法廷で語りました。「しかし彼らは私をだまし、車庫に車を乗せて逃げました。」
「私は車の所有者をだまそうとは思わなかったです。」とRotha氏は付け加えました。
16人の原告は昨日の法廷審問に出席しなかったため、コメントを求めることができませんでした。
出典:Khmer Times