去年、米国から国外追放されたカンボジア国籍の人の数は80人(2/11)

去年、米国から国外追放されたカンボジア国籍の人の数は80人(2/11)

米国移民税関当局は、去年、米国で有罪判決を受けたカンボジア国籍の人は80人おり、全員国外追放されたと報告しています。
報告書によると、「米国移民税関当局による国外追放は強制的であり、米国外への容認できない、または強制送還可能な外国人の移動を確認します。これは米国移民税関当局が議会の定めたアメリカの移民法を支持することにより、この国の安全保障と公安において重要な役割を果たしています。」と述べています。

また、報告書は、米国は、2018年に有罪判決を受けた110人のカンボジア人を国外追放した、と付け加えました。

最新の国外追放の数値は、匿名の身分証明書総局の高官によって確認されました。

当局者は、米国移民税関当局の2019年の被追放者の一部として、25人のカンボジア人が1月に送還されたと述べた。

「我々は彼らに代わって米国と交渉しており、私たちは米国に資金を提供するように依頼したので、[被追放者]はカンボジアに住むのに十分なお金を持っています。」と当局者は述べました。

外務省報道官のコイ・クオン氏は昨日(2/10)、カンボジア国籍の人を米国は2002年から昨年7月までに749人を受け入れ、その多くはカンボジアに帰国した形跡がないことを述べました。

米国移民税関当局のスポークスマン、ブレンダン・レイディ氏は以前、米国で1,799人のカンボジア国籍の人が最終的な撤去命令を出されたと述べました。

メディアの報道によると、米国は1975年から2000年の間に戦争で避難した145,000人のカンボジア難民を受け入れました。

米国はその後、有罪判決を受けた人々を国外追放し始めました。

2018年、フン・セン首相は、国外追放に対する姿勢を再考するよう米国に促し、それは非人道的であると主張しました。

「これらの男性と女性は現在、家族、コミュニティ、そしてほとんどの人が知っている唯一の文化から恒久的に分離されているため、これらの国外追放は悲痛なものです」と、クメール脆弱性援助機構のスポークスマン、ビル・ヘロド氏は昨日(2/10)述べました。

※出典:Khmer Times