内務省は元野党の印使用に対して警告する(1月27日)

内務省は元野党の印使用に対して警告する(1月27日)

 

 

 

 

 

 

内務省職員は、裁判所で解散されたカンボジア国民救助党(CNRP)の印
を示し続けている人に対する法的措置について警告しました。
同省の総務部の事務総長Prak Sam Oeun氏は金曜日、元野党は2017年11月に最高裁判所で解散し、118人の上級幹部全員が5年間政治への参加を禁じられたと述べました。
Sam Oeun氏は、同局は政党のリストからこの党を削除し、CNRPは法律上もう存在しないと述べました。
「元野党職員でこの印を使用し続けている人は、犯罪や政党に関する法律に違反しています。」とSam Oeun氏は述べました。
選挙監視官のNicfecの長官であるSam Sokuntheamy氏は昨日、内務省に印の使用禁止を公表するよう求めました。
Sokuntheamy氏は、「CNRPが解散して以来、この構造を政治的利益のために使用しているのは間違いです。」と述べ、「この罪で有罪判決を受けた人たちは最長10ヵ月間投獄され、最高約5000ドルの罰金を課せられます。しかし、他の解散した政党と比較すると、これは新しいことです。法的措置を取る前に、大臣が最初に彼らに知らせてくれることを願っています。」
日曜日にプノンペンの元野党党員であるMorn Phalla氏は、この警告が脅威となると述べました。
「これは明らかに脅威ですが、それは私や他の党活動家に恐怖を与えるでしょう。」とPhalla氏は述べました。「私たちは、この組織を管理し続け、Sam Rainsy氏の帰還を計画します。」
今月初め、米国のCNRP支持者たちは、その印とともに、Rainsy氏のカンボジアへの安全な帰還を確保するための5つの戦略を発表しました。
しかし、先週、カンボジア軍は、彼が国に戻ることを決心した場合、Rainsy氏を逮捕する手はずであると述べた。
出典:Khmer Times