健康重視で質の高い人材確保へ(4/8)

カンボジア政府は、金曜日のフンセン首相主導の閣僚会議で議論を行った後、「学校保健に関する国家政策草案」を承認しました。

 

「国家政策草案は、そのビジョンとして、持続可能な方法でカンボジアの社会を発展させるために、優れた肉体的、精神的および精神的健康の開発を推進することを意図したものです。この草案は、教育の質の向上に貢献し、学習者や教育者に健康を提供し、カンボジアの人的資源に幸福をもたらすことを目的として策定された。」と大臣評議会は述べました。

 

金曜日の教育青少年スポーツ省は、国家開発への貢献のために、学習者、教育者そして関係者に健康を重視するように呼びかけました。

同省は、国家政策の実施は悪い習慣を変え、質と有効性を確保するために学習者と教育者に健康に対して前向きな姿勢を浸透させることを目的としていると述べました。

 

この政策を実行するために、同省は必要な法的枠組みとメカニズムの開発、栄養、衛生、清潔な水の供給の促進を含む戦略を導入しました。

 

健康教育や学生の健康を向上させるためのすべての関係者の参加と同様に、安全で快適で親しみやすい研究環境が推進されるべきです。

 

文部省のスポークスマンRos Soveacha氏は日曜日にThe Postに対し、政府から承認を得た後、関連省庁と共に政策を実施するための行動計画を作成していると報告しました。

 

「行動計画は、質の高い学習と、卒業生と就学率の向上を確実にすることを目的としています。それが学習者、教育者そして一般大衆の健康の改善に関してサービスの強化と拡大に貢献するだろう。」と述べました。

 

また、2030年までにカンボジアが高中所得国になり、2050年までに先進国としての地位を獲得するという政府の目標の達成を目指しているため、医療サービスへの不必要な支出も削減されるようです。

 

出典:Phnom Penh Post