何千人もの中国人がオンラインギャンブルの禁止後のカンボジアを離れる(2/11)

何千人もの中国人がオンラインギャンブルの禁止後のカンボジアを離れる(2/11)

入国管理局は1月末(1/31)、8月にフン・セン首相によってオンラインおよびアーケードのギャンブルの禁止が発表されて以来、昨年末までに何万人もの中国人がカンボジアを去ったと報告しました。

フン・セン首相は、一部の認可されたオンラインおよびアーケードギャンブルの作戦がゲームによって、借金を返済できない人々を脅したので、禁止が必要であると述べました。

禁止は1月1日より発効し、省庁と警察官で構成される合同委員会がカンボジア全体でのオンラインおよびアーケードギャンブルの活動を取り締まり始めました。

「2019年、カンボジアに長期滞在する外国人の数、特にカジノで働く中国人が劇的に増加しました」とGDIの事務局長であるKirth Chantharith将軍は1月31日に開催されたGDI年次総会で述べました。

内務省によると、「私たちは長期ビザを約45万人の外国人に提供しましたが、このうちの70%は中国人でした。カンボジア政府が8月にすべてのオンラインギャンブルの禁止を発表した後、この数は劇的に減少しました。その中国人の数は、8月から12月末までで20万人以上の登ります。」と述べました。

財務省の産業財務部は、6月にカンボジア全体で163の認可されたカジノがあったと報告しましたが、今月初めにはその数は136にまで減少しました。

同局のロス・フェラン副局長は1月末、シアヌークビルの56を含む118の認可されたカジノがあると述べました。

「中国のカジノ労働者は、政府の禁止に伴い、カジノの収入が減少したため去ったのであろう」とフェーラン氏は語りました。

プレアシアヌークの地方労働局のヨフケマラ理事長は、以前、56のシアヌークビルカジノが閉鎖された後、約7,700人が失業したと報告しました。

プレアシアヌークの中国商工会議所は、40の中国企業が解雇されたカジノ労働者を雇うことを約束したと述べました。

労働人権同盟のプログラムマネージャーであるKhun Tharo氏は1月末、「たとえそれが観光部門に影響を与えたとしても、私たちは犯罪削減を通じて利益を得るでしょう。オンラインギャンブルは危険です。中国人がここに来て、良いビジネスをするならそれでいいのですが、彼らはオンラインギャンブルに投資し、マネーロンダリングを行いました。」と中国国民の大量離脱が観光と税収に影響を与えるとしても、政府は犯罪を減らすためにオンラインおよびアーケードギャンブルの操作を厳しく取り締まらなければならないと述べました。

※出典:Khmer Times