交通省がバイク利用者への講習参加を呼びかけ(9/5)

交通省は、バイク利用者向けの講習を開催することを計画しており、運転者に乗車技術と道路交通法の講習に出席するよう呼びかけています。

この動きは、今年これまでに記録された死亡者の80%近くがバイク利用者に関係しているという最近の報告に続いて、交通事故を減らすことを目的としています。

国務省長官および国家交通安全委員会の書記長であるミン・マナヴィ氏は、プノンペンで開催された交通安全年次会議で、今年これまでに記録された事故と死亡者数が依然として懸念事項であると述べました。

同氏は、政府による措置にもかかわらず、事故率はまだ高いと言いました。

マナヴィ氏は、今年の上半期に交通事故で1,033人が死亡し、昨年同時期に比べ103人増加したと述べました。

同氏は、亡くなった人の76%がバイクを利用し、79%がヘルメットを着用していなかったと述べています。

「この問題に対処するために、省と国家交通安全委員会は、彼らが法律とバイクを安全に運転する方法を理解するために、すぐにバイクの講習を開始します。」とマナヴィ氏は言いました。

同氏は、プノンペンの陸運局にモーターサイクリストの訓練センターがすでに利用可能であり、省が地方公共事業局および交通局と州警察にそれぞれの施設で同様の講習を実施するよう指示しました。

アジア傷害予防財団カンボジア国局長のキム・パニャ氏は会議で、政府の努力に加えて、すべての利害関係者が交通事故の削減に向けて共同で取り組むべきであると述べました。

Kandal州での別の行事で、Sar Kheng内務大臣は昨日、交通事故は法律を尊重しない、または有能ではないドライバー、アルコールや薬物の影響下で運転するドライバー、ヘルメットなしでバイクに乗るドライバーによって引き起こされると述べました。

彼は、当局が原因を特定し、人々が交通法を順守し、モーターサイクリストがヘルメットを着用するための情報を広めたが、死亡率は依然として高いと指摘しました。

国家交通安全委員会によると、今年の最初の6か月間に2,171人の交通事故が発生し、1,033人が死亡し、さらに3,224人が負傷しました。

 

出典:クメール・タイムズ