中毒事故きっかけに 除草剤 使用禁止を通告(6月1日)

中毒事故きっかけに 除草剤 使用禁止を通告(6月1日)

農業省は水曜日に、各州の農業部門に、 除草剤 販売事業を監視し、農薬の適正使用について指導する新しい声明を発表しました。

農業大臣Veng Sakhon氏が署名したこの声明は、今やカンボジアで除草剤を販売することは違法であると述べ、各地の農業部門職員には各農薬販売業者に訪問して除草剤を購入・販売しないように指示しています。

同省の発表によると、Kratie州Chetr Borie地区の13人が中毒により死亡しました。政府は、 除草剤 に由来する有毒の流出によってこの悲しい事件が引き起こされたと述べました。

同省は金曜日、同様の声明を発表しており、 除草剤 の輸入を厳重に禁止すると述べました。

製品を在庫している店には、販売を再開する前に、省からの発表を待つよう通達されています。

「合法的に国内に持ち込まれた除草剤を取り扱う卸売業者や小売業者からそれらを没収する必要はない。しかし、彼らは違法輸入製品も適切に扱うことができるだろう」と同省は述べました。

同省職員は、 除草剤 の適切な使用、保管、処分方法、 除草剤 の流出を管理する方法を学び、そして農家に知識を共有して、意識を高め危険を回避することを求めています。

農業省のPhum Ra局長は、昨日、クメール・タイムズに、関係者は既に首都の農薬販売業者を訪ね始めたと語りました。

“自分自身を含む職員は、プノンペンで農薬を販売しているほとんどの店舗を訪問し、点検しましたが、何も見つかりませんでした。違法行為の兆候はない」と同氏は語りました。

カンボジア農業研究開発センターの責任者、Sam Vithou氏は、政府が違法農薬の摘発を強化しており、検査されていない多くの製品が国内に侵入していることに対して対策を講じ始めていることはとても良い動きだと主張しています。

「すべての農薬はその有毒性からチェックされるべきであり、農家が注意を払わなければ消費者の健康に影響を与える可能性がある。」と同氏は語りました。

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。