中国発シアヌークビル行きの直行便(7/20)

中国発シアヌークビル行きの直行便

中国の航空会社は、中国のいくつかの省からシアヌークビルへの新しい航空路を開くことでサービスを拡大しています。

 

海南航空は今週初め、海南省の省都である海口市からシアヌークビルまでボーイング737-800を使用して週3回のサービスを開始しました。フライトは月曜日、水曜日、金曜日にあり、金曜日にバンコクを拠点とするニュースオンラインアウトレットが報じました。

 

プノンペンを基軸に、Lanmei航空会社は、また、福州市を含む、3の福建省の省都にシアヌークビルからその3便週間のサービスを開始しました。雲南省の景洪市への週3回のサービスは8月2日に開始が予定されています。

さらに、シアヌークビルから山西省の太原市への週1便、湖北省の武漢市への週4便の運航が7月15日に始まりました。

 

6月下旬に、航空会社はシェムリアップから山西省の大同市へ、毎週金曜日に直行便を開始しました。

 

観光省によると、カンボジアと中国を結ぶ週181便があり、新しい便はすでにカンボジア最大の観光市場である中国からの観光客の流入をさらに促進するでしょう。

 

※出典:Khmer times