世界平和を促進するためのカンボジアの4つの提案(2/5)

世界平和を促進するためのカンボジアの4つの提案(2/5)

世界は、不確実性、予測不能性、および不安定性を伴う重大な変化を経験しています。特に気候変動は、地球上の何百万人もの人々の生活と社会福祉に影響を与えています。世界のさまざまな地域の国際的なホットスポットが不安定なままであるため、世界平和は脆弱で不安定なままです。

カンボジアは自身の経験から学び、平和と安定を高く評価しています。これらは開発と民主主義の基盤と前提条件です。

韓国のソウルで開催された世界サミット2020で演説したフン・セン首相は、世界の平和と繁栄を強化するための4つの重要な提言を提案しました。

まず、1つ目は、緊密な対話の促進、信頼の構築、平和的な地域課題の解決を通じて、平和、安全、安全、安定を完全に確保するために、協力をさらに強化し、拡大することを目的として、多国間システムとルールに基づく国際秩序を促進し続けます国際法に基づく手段を取ろうということです。

次に、2つ目は、相互理解、尊敬、信頼、寛容を築くために異教徒間の対話の文化を育み、他の国の内政に干渉しないという原則を厳守し、他国の問題に干渉する災害に対応することです。

そして、3つ目は、グローバル化をさらに促進するために協力を強化することです。協力メカニズムの開放性を確保し、多国間貿易システムをサポートします。特に、各国の開発アジェンダの実施を促進し、持続可能な包括的開発を達成するために、社会と経済間の接続を加速します。

最後に、4つ目は、特に質の高い教育の強化、人々の幸福の向上、貧困の削減、開発ギャップの縮小などの社会保護システムの開発と強化のために、着実かつ迅速に、人々中心のアプローチを通じて開発する社会経済構造の変化です。

※出典:Khmer Times