一部の国でウイルスへの対応が遅い…!?(2/25)

一部の国でウイルスへの対応が遅い…!?(2/25)

新型コロナウイルス(COVID-19)は、流行が世界中で制御不能に広がるリスクが増加しています。中国を除いて、現時点で最悪の影響を受ける国は、日本、韓国、イラン、イタリアです。これらの国の人口規模は、中国の州の人口規模とほぼ同じであり、これらの国の状況は、湖北省以外の中国の省と比較すると、すでに深刻です。

これらの国々は現在、流行によってもたらされるリスクにますます注意を払っており、いくつかの対策を講じています。たとえば、韓国は新学期を延期し、イタリアは流行状況の厳しいいくつかの町を封鎖しました。イタリアでのスポーツの試合の一部が中断されました。イランは、週末まですべてのアートおよび映画のイベントがキャンセルされました。

しかし、上記の国々で採用されている予防および管理措置が不十分であるのではないかとの懸念があります。中国の状況から、このウイルスは非常に伝染性が高いことを示しており、公共の場所やコミュニティで簡単に広がります。COVID-19がこれらの国でどこで、どのように広がっているのかを観察することは、最初から難しく、今ではさらに難しくなっています。このウイルスは目に見えない形で広がっています。

湖北省の首都である武漢では、ウイルスが広まった状況への流行の深刻さを認識してから数週間で大流行しました。幸いなことに、中国には巨大な医療システムがあり、武漢と湖北を支援するために4万人以上の医療スタッフを迅速に動員することができます。武漢のような第二の震源地が別の国に出現した場合、そのような大規模な支援が動員されると想像することは困難です。

さらに、他の国での流行は完全に監視されていなかったかもしれません。一部のCOVID-19の症例は、風邪をひいた患者として単に扱われている可能性があります。米国では、このインフルエンザの季節に感染し、亡くなる人の数が特に多くなっています。日本のテレビ朝日は、米国でのインフルエンザによる死亡者の多くが実際にはCOVID-19によるものである可能性があると述べ、大胆な憶測を投げかけました。

武漢の運命を共有する国はないことを願っていますが、COVID-19の潜伏期間はいまだに多くはわからない状況です。状況がすでに深刻な国では、進行中の可能性のある未検出の広がりを止めるための、より明確な対策が必要です。これらの国々が普及前に対策を講じなければなりません。

COVID-19の世界的な広がりのリスクに直面しているため、まだ流行していない国は、感染者を検出する能力の強化、感染予防を可能にするための医薬品の生産と保管の拡大などの予防措置も講じる必要があります。

※出典:Khmer Times