ベトナム国営企業、海外マーケットの落とし穴(5月17日)

ベトナム国営企業、海外マーケットの落とし穴(5月17日)

カンボジアにも多く進出しているが、海外進出しているベトナム国営企業(SOEs)が、市場の選別やリスク評価が不十分だったことにより数百万ドルもの損失を被った、とベトナムニュースが報じました。

VN Express Internationalの報告によると、2016年までにベトナムSOE29%の企業が損失を出したとのことです。

ベトナム経済政策研究所のNguyen Duc Thanh会長は、これらの損失の主な理由の一つは企業が投資する市場を誤って選択したことだ、と言います。

SOEはベトナムとの有効な関係を築いている市場を国家レベルで選択する傾向があり、それが利益をもたらすと期待しているが、これ自体が誤っている」とThanh氏は分析しています。「ラオスやカンボジアなどの世界の発展途上国や、ベネズエラやアフリカなど政治的・経済的に不安定な市場をターゲットにすることが多いが、これらの市場で利益を上げるのは非常に難しい。」

昨年12月に発表された政府検査官の報告によると、多くの国営企業のなかで、ベトナム国営石炭鉱業グループは1,660万ドルの損失を被ったと伝えられています。

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。