プレイラングレポートの発表は?(5/15)

環境省と米国国際開発庁(USAID)のGreening Prey Langプロジェクトは、気候変動の脆弱性と生物多様性の脅威の評価と題されたPrey Lang Extended Landscapeに関するレポートをリリースする予定です。

水曜日に、環境省長官のSao SopheapはUSAIDのスタッフとの会議を主導し、カンボジアの自然林をよりよく保護するためのガイドラインを発行する報告書の草案をレビューし、コメントしました。

Sopheapは、報告書はデータを調べて、地域の保全を改善し、コミュニティの生計を促進するための対策を作成するのに役立つと述べました。

USAID Greening Prey Langプロジェクトの担当者から水曜日のコメントを得ることができませんでした。

USAIDと省によると、プロジェクトの予算は2100万ドルです。5年間のプロジェクトは2018年8月7日に始まり、2023年8月6日に終了します。

プロジェクトの目標は、プレイラングの景観における生物多様性の保全と生態系の健康を改善するとともに、コミュニティの生計を改善し、地域への投資を増やすことです。

このプロジェクトは、reah Vihear, Kampong Thom, Stung Treng, Kratieの4つの州で構成されています。

(出典:The Phnom Phen Post)