プノンペン市庁舎はCSOとNGOで今年最初のフォーラムを開催(4/10)

火曜日にプノンペン市庁舎と市民社会組織は、テーマ「NGOとの開発パートナーシップ」をテーマにした協議フォーラムを開催しました。

このフォーラムには、さまざまな州の機関および50の市民社会組織から約700人が参加しました。

プノンペンの Khuong Sreng 知事は、そのようなフォーラムが当局と市民社会組織の間の違いに対処するためのメカニズムとして役立ったと言いました。

市民社会組織は Cambodia のほぼすべての分野での発展に大きく貢献してきており、当局は彼らの権利や自由を制限することを意図していませんでした。彼は、地方自治体にあらゆるレベルで、制限や差別なく彼らの活動を実行できるように指示したと述べました。

「プノンペンのいくつかの728の組織は何の障害もなしに彼らの活動を実行しています。数字は、常に政府と地方自治体を指さしている何人かの個人が主張するように、協会と非政府組織の数が減少していないことを示している」と彼は述べました。

しかしながら、Sreng はそのようなフォーラムが開始される前に相互理解の欠如があったことを認めました。

火曜日の会議では、様々な市民社会組織の8人の役人が、地方レベルでの不必要な官僚主義と権利と自由の制限という問題を提起し、青少年クリスチャン協会の事務総長であるDeth Bunthonは、当局にそのような問題に取り組むよう求めました。

「私たちが育てたものはすべて差し迫っているので、対処する必要があります。私たちは地方自治体で複雑な官僚主義を扱うことが困難に直面しています。例えばコミューンレベルでは、高齢者のコミュニティを形成する要求でさえも拒否されています。このフォーラムの後、地方自治体が私たちの活動を促進することを願っています」と彼は言いました。

Adhocやその他の市民社会団体は招待されていないと述べたが、権利団体Adhoc のスポークスマンであるSoeung Sen Karunaはフォーラムを歓迎した。

「フォーラムはもっとよく組織されているべきでした。人権、選挙監視、その他の擁護活動に取り組む組織の中には、政府を批判することが知られているため招待されなかったものがあります。フォーラムをこのように組織して、私は市役所がその善意と誠意を示すことに失敗したと思います」と彼は言いました。

プノンペンの副知事 Keut Chhe は Sen Karuna の主張を反論した。彼はフォーラムが非党派であり、政治的所属に関係なくそして差別なしに開催されたと述べました。彼はフォーラムのための彼らの名前を登録し損ねたのは市民社会組織であると言いました。

しかし、Cheheは、市役所は、フォーラムが偏っているという非難を避けるために、より多くの登録時間を割り当てると述べた。

出典:Phnom Penh Post