プノンペンポスト、マレーシア投資家に売却(5月7日)

プノンペンポスト、マレーシア投資家に売却(5月7日)

プノンペンポストは、マレーシアの投資家でもあり、以前フン・セン政府広報担当を担っていた会社の幹部でもあるSivakumar Ganapathy氏に売却されました。

マレーシアを拠点とするアジアPRの専務理事であるSivakumar氏は、報道陣の独立性を維持しようとしていると述べたと報じました。

編集スタッフは、土曜日の夕方に、同紙が2008年以来同社を所有していたオーストラリアのBill Clough氏によって売却されたことを知らされました。

「プノンペンポストとクメールポストを含むポスト・メディア・リミテッド(当社)の代表者として、私はマレーシアの投資家であるSivakumar氏に売却したことを喜びを持って、発表します。Sivakumar氏は経験豊富なジャーナリストで、マレーシアの強力な投資グループの代表者でもあります。」とClough氏は語りました。

日曜日に発表されたSivakumar氏からのプレスリリースでは、「カンボジア王国の関連する法律や規制を侵害することなく、同紙の26年間の財産と編集の独立性を支えることにコミットする」と述べました。

東南アジアプレス連盟(SEAPA)のEd legaspiエグゼクティブディレクターは、プノンペンポストの新しいオーナーがマレーシア政府とカンボジア政府の両方に関ろうとしているように見えることが懸念されていると述べました。

Legaspi氏は、「通常、売上は編集方針に影響を与えてはならないが、プノンペンポストにはこれが起こっていると非常に心配している」と述べ、さらにオーナーが編集の独立性に影響を及ぼす可能性が高いと考えました。

「マレーシアのメディアとメディアのオーナーは独立しているとは限らない」と述べました。

Legaspi氏によると、プノンペンポストの編集政策に対する不適切な影響は、同国の独立メディアシーンにとって悲惨なことになるでしょう。

「プノンペンポストはカンボジアの最後の独立した新聞社だと思っている」と述べ、新オーナーからの編集上の悪影響が「事実上のカンボジアの報道自由の死につながるであろう」と付け加えました。

プノンペンポストは、マレーシアの投資家でもあり、以前フン・セン政府広報担当を担っていた会社の幹部でもあるSivakumar Ganapathy氏に売却されました。

マレーシアを拠点とするアジアPRの専務理事であるSivakumar氏は、報道陣の独立性を維持しようとしていると述べたと報じました。

編集スタッフは、土曜日の夕方に、同紙が2008年以来同社を所有していたオーストラリアのBill Clough氏によって売却されたことを知らされました。

「プノンペンポストとクメールポストを含むポスト・メディア・リミテッド(当社)の代表者として、私はマレーシアの投資家であるSivakumar氏に売却したことを喜びを持って、発表します。Sivakumar氏は経験豊富なジャーナリストで、マレーシアの強力な投資グループの代表者でもあります。」とClough氏は語りました。

日曜日に発表されたSivakumar氏からのプレスリリースでは、「カンボジア王国の関連する法律や規制を侵害することなく、同紙の26年間の財産と編集の独立性を支えることにコミットする」と述べました。

東南アジアプレス連盟(SEAPA)のEd legaspiエグゼクティブディレクターは、プノンペンポストの新しいオーナーがマレーシア政府とカンボジア政府の両方に関ろうとしているように見えることが懸念されていると述べました。

Legaspi氏は、「通常、売上は編集方針に影響を与えてはならないが、プノンペンポストにはこれが起こっていると非常に心配している」と述べ、さらにオーナーが編集の独立性に影響を及ぼす可能性が高いと考えました。

「マレーシアのメディアとメディアのオーナーは独立しているとは限らない」と述べました。

Legaspi氏によると、プノンペンポストの編集政策に対する不適切な影響は、同国の独立メディアシーンにとって悲惨なことになるでしょう。

「プノンペンポストはカンボジアの最後の独立した新聞社だと思っている」と述べ、新オーナーからの編集上の悪影響が「事実上のカンボジアの報道自由の死につながるであろう」と付け加えました。

プノンペンポストは、マレーシアの投資家でもあり、以前フン・セン政府広報担当を担っていた会社の幹部でもあるSivakumar Ganapathy氏に売却されました。

マレーシアを拠点とするアジアPRの専務理事であるSivakumar氏は、報道陣の独立性を維持しようとしていると述べたと報じました。

編集スタッフは、土曜日の夕方に、同紙が2008年以来同社を所有していたオーストラリアのBill Clough氏によって売却されたことを知らされました。

「プノンペンポストとクメールポストを含むポスト・メディア・リミテッド(当社)の代表者として、私はマレーシアの投資家であるSivakumar氏に売却したことを喜びを持って、発表します。Sivakumar氏は経験豊富なジャーナリストで、マレーシアの強力な投資グループの代表者でもあります。」とClough氏は語りました。

日曜日に発表されたSivakumar氏からのプレスリリースでは、「カンボジア王国の関連する法律や規制を侵害することなく、同紙の26年間の財産と編集の独立性を支えることにコミットする」と述べました。

東南アジアプレス連盟(SEAPA)のEd legaspiエグゼクティブディレクターは、プノンペンポストの新しいオーナーがマレーシア政府とカンボジア政府の両方に関ろうとしているように見えることが懸念されていると述べました。

Legaspi氏は、「通常、売上は編集方針に影響を与えてはならないが、プノンペンポストにはこれが起こっていると非常に心配している」と述べ、さらにオーナーが編集の独立性に影響を及ぼす可能性が高いと考えました。

「マレーシアのメディアとメディアのオーナーは独立しているとは限らない」と述べました。

Legaspi氏によると、プノンペンポストの編集政策に対する不適切な影響は、同国の独立メディアシーンにとって悲惨なことになるでしょう。

「プノンペンポストはカンボジアの最後の独立した新聞社だと思っている」と述べ、新オーナーからの編集上の悪影響が「事実上のカンボジアの報道自由の死につながるであろう」と付け加えました。