プチュンバンへの準備開始(9/7)

労働省は、今度のプチュンバン休暇中に労働者へ4日間の休暇を与え、祝日よりも前に給与を支払うように、全国の雇用主に呼びかけています。

水曜日に省が発表した声明によると、プチュンバンの休日は9月27日から30日までで、プチュムベンの日自体は28日です。

雇い主側は休暇が始まる前に労働者に賃金を支払わなければならないと述べました。

「雇い主側が期限内に給与を支払うことができない場合、事前に労働者の給与の少なくとも50%を支払わなければなりません」と述べています。

カンボジア労働組合理事長のAth Thorn氏は昨日、多くの労働者がこのニュースを聞いて喜んでくれると語りました。

「会社側が、労働者へ4日間の休みを与え、祭りの前に給与を受け取れることは喜ばしいことであり、労働者が祭り準備のためにお金を持ち、家に帰れるようにするためです。」とThorn氏は語りました。

さらに、プノンペン市役所は月曜日に、プチュンバンの日と、その後に開催されるカテン祭りの重要性について国民の理解を深めるべきだと述べました。

なぜなら、残酷なクメール・ルージュ政権の間に命を失った人々に敬意を払うべきであると述べました。

「各地域の代表者は若者を中心とした参加者に教育しなければならないので、プチュンバンの重要性を理解すると同時に、宗教に影響を与えたり、事故を引き起こしたりしないようにしてください。」と述べました。

市の情報局は、TV3チャンネルとラジオ局と連携して、プチュンバンの歴史について人々に教育しなければならないと述べた。

また、これらのメディアを通して人々がパゴダを訪問する際に何を身にまとうのが適切で、そこでは自身をどのようにふるまうべきか、というような情報を国民に広めることを望んでいます。

国家警察署長のNeth Savoeun将軍は水曜日に、カンボジア中の警察官は公共空間での秩序を確保し、主要道路の交通を整備しなければならないと述べました。

Savoeun将軍は、市民は交通事故を避ける方法と自然災害が発生した場合の対処方法を知る必要があると述べました。

また、「予期せぬ自然災害の際に自分自身を守る方法について人々に教育してください」と彼は話しました。

そして、治安部隊は洪水、暴風雨、その他の災害に直面した場合、被害者を迅速に支援しなければなりません。

 

出典クメール・タイムズ