バレンタインデーは愛の消費主義のお祝い?(2/15)

バレンタインデーは愛の消費主義のお祝い?(2/15)

バレンタインデーは世界的な祝典であり、それはカンボジアでも同じです。長年にわたり、「祝祭」に関連する物の購入の増加が見られてきました。

これは、1週間中割引を提供している首都のビジネスの数で明らかであり、一部の小売店は最大55%の値下げを提供しています。

たとえば、チップモンランドなどの大企業は、「Love @ Condo」と呼ばれる大割引イベントを当日開催することで、革新的なサービスを提供しています。

中小企業もまた利益を上げており、バレンタインは利益を上げるための有効な機会だと考えています。特にここ数日間、花屋さんは、バレンタインデーの名の下に販売数の増加を期待して、高校やセントラルマーケットなどのにぎやかな通りに並べました。

「男の子と女の子の両方がバレンタインデーのために花を買いに来ます。リーズナブルな価格で販売しているからです」と、スレイタッチさんはクメール・タイムズに語りました。

通常、市場で母親と一緒に花を売るスレイタッチさんは、単茎のバラは、あまりお金をかけたくない若い大人、特に生徒の間で人気のある選択肢であることを指摘しました。

他の花屋さんはカラフルで創造的なお花を売っていましたが、スレイタッチさんはシンプルなものを販売することを選択しました。彼女は、「私の目標は学生です。誰かがそれを買うかどうかは保証されないので、高価な花束を売りたくはありません」と1本のバラまたは5本のブーケだけを販売しています。

※出典:Khmer Times