トルコの電力船雇用で電力不足解決を図る(3/21)

フンセン首相によると、カンボジアは国が継続的な電力不足に直面しているので、電力需要を満たすために200MW容量の電力船を雇うためにトルコと交渉することを検討しています。

フンセン首相は、水曜日にPursat州の衣服労働者と話をして、Electricite du Cambodge(EDC)事務局長Keo Rattanak氏が、カンボジア国内の電力需要を満たすべく、電力船の雇用を交渉するためにトルコへ向かうと述べました。

Keo Rattanak氏はすぐにトルコに向かい200MWの容量の電力船の交渉をします。価格が合意されれば、私たちはプノンペンのニーズを数年間供給するために電力船を雇うようです。

フンセン首相は先週、カンボジア電力公社(EAC)が、王国の発電所貯水池の水位が低いために現在の電力ニーズを満たすのに十分な電力を生成できないため、公共および事業主に一時的に自家発電機を使用するよう求めました。

フンセン首相によると、電力需要の増加は建設部門のブームにより引き起こされているようです。

EACの2018年年次報告書によれば、来年の電力供給量を今年の2,650.26MWから2,870.65MWに増やす計画です。

報告書は、計画された電力供給の増加にもかかわらず、王国は近隣諸国から昨年および2017年の 442.5MWと同量のエネルギーを輸入するように設定されていることを示しています。

このうち、277MWはベトナムから、135.5MWはタイから、30MWはラオスから輸入されます。この計画により、政府は今年の王国における電力消費量の増加が昨年の9,307.44GWhから10,807.71GWhに達すると予想しています。

EDCはまた、先週ラオスと2021年から200MWの電力供給量の増加に関する合意に署名しました。毎月200kWhを超える家庭では、電気代は昨年の770リエル(19 USセント)から今年は740リエル、来年は730リエルに減少するでしょう。

 

フンセン首相は、トルコからの電力船の輸入は電力供給コストに影響しないと主張しました。

「トルコから電力を購入するのが少し高価であっても、市民の電気代は影響を受けないでしょう」と彼は述べました。

この計画によれば、カンボジアは1 kWhあたり14 USセントのコストで電力を購入する予定で、これは地元の水力発電所から3セントの値上げであり、これは州が助成します。

カンボジアコンストラクターズ協会のゼネラルマネージャー、Chiv Sivpheng 氏は、動力船の採用を歓迎しました。

「建設部門の成長は電力の需要に反映されます。電力不足は私たちにとって難題であり、EDCは需要の伸びに適切に対応する義務があります。これは国の発展を促進するために重要です」とChiv Sivpheng 氏は述べました。

 

出典:Phnom Penh Post