コロナウイルス蔓延防止のため、飲食店へ警告(5/20)

プノンペン市政局は、すべてのレストランとバーのオーナーに、保健省の指示に従い、消毒剤を設置するよう警告しました。

月曜日にKhuong Sreng知事によって署名された指令で、いくつかのレストランやバーでは、注意が払われていないと言いました。

「したがって、Covid-19の拡散を防止および制御をより効果的にするためには、すべてのレストランおよび食堂は保健省のガイドラインに従う必要があります。」とSreng氏は述べました。

彼はレストランのオーナーに、入口エリアで手洗い用のアルコールまたは消毒ジェルを準備し、入室前にゲストの温度を測定するスタッフを任命するようにアドバイスしました。

「私たちは、保健省の指示に従って、社会的距離を適切に維持する必要があります。レストランの所有者がガイドラインに違反した場合、プノンペン市政は一時的に彼らのビジネスを閉鎖するでしょう。」と彼は言いました。

Boat Noodlesレストランのレジ係であるPengpich Karunaは月曜日にポストに、2月以降、レストランは常に同省のガイドラインに従っていると語りました。彼は、いくつかのレストランは自己防衛にあまり関心がないと述べました。

「昔はすべての客がマスクをつけていましたが、今では10人のうち3人だけしかつけていません。」

「しかし、私たちのレストランはこの原則に従っています。スタッフ全員がマスクを着用し、アルコールを飲んでいるため、常にお客様の体温を測定しています。一部の客は私たちがこれをするのを見て喜んでいます。」と彼は言いました。

彼は、多くの人々がいる場所で予防措置を継続する要求をする市庁舎の措置を歓迎しました。

呼吸器科医の Hen Phearak 氏は月曜日にポストに、以前のように人々が身を守ることへの不安が減ったため、感染の第2の波の可能性について依然として懸念していると語りました。

発生は予測不可能であり、すべての市民の参加を必要とすると彼は言いました。

「国外からの新しいウイルスに対して国境を閉鎖し、感染を防ぐことで防止できますが、国での感染はスーパーマーケット、映画館、レストラン、カラオケバーなどの公共の場所で広まります。」と彼は言いました。

Hun Sen首相は、土曜日に最後の患者が病院から退院して以来、コロナウイルスの新たな症例は報告されていないが、パンデミックに対する警戒を続けるよう国民に呼びかけました。

36歳の女性は、完全に回復した合計122人の患者の1人でした。

保健省はまた、カンボジアは自己満足しておらず、感染の第二波を防ぐために、特に伝染病が国外から入るのを避けるために取り組んでいると述べました。

数人の人、特に移民労働者が、タイを含む感染国から戻ってきたが、彼らのほとんどは、検疫され、検査され、感染していないと述べました。

(出典:The Phnom Phen Post)