カンボジア大使館、タイでの違法労働者に対し大使館への連絡を要請(7月13日)

カンボジア大使館、タイでの違法労働者に対し大使館への連絡を要請(713日)

タイにあるカンボジア大使館は、タイで不法に移住しているカンボジア人違法労働者に対し、カンボジアに帰国するための渡航書類を与えるため、彼らに接触しようとする動きが続いています。

7月12日(木)の声明で、カンボジア大使館は、ここ最近彼らを弾圧している古いビデオクリップがFacebookユーザーによって再アップロードされたと発表しました。この動きは政治的にも推奨されているようです。

大使館は、タイに合法的に移住し仕事をしているカンボジア人に対し、まずは落ち着くよう声をかけています。そして違法労働者に対しては、大使館から渡航書類を入手するよう求めています。これにより、違法労働者もカンボジアに戻り、タイで合法的に仕事を再開するために必要な書類(労働許可証もしくはピンクカードと呼ばれる一時労働許可証)を手に入れることができるのです。

過去11日間で、タイ当局が未申請の労働者の登録を中止したことで、1,641もの移民が国に戻ることになりました。

タイはまず2017年に違法労働者を摘発し、タイ国内での労働者不足という事態を招きました。その間、タイとカンボジア両政府は状況を調整することに合意し、カンボジアは移民労働者を支援するため、タイに300人もの職員を送っていました。

(出典:KHMER TIMES

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。