カンボジア不動産価格上昇、落ち着く(1月3日)

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。

2018年後半の不動産調査によると、沿岸地域の地価は急上昇しましたが、カンボジア主要都市の不動産価格は微増しただけでした。

レポートによると、シェムリアップの町の地価は1平方メートルあたり100ドルから5,500ドルの範囲で、2017年と比較して約5から10パーセント上昇した。

Real Estate Co LtdのディレクターであるSorn Seap氏は、シェムリアップ中心部の町は、既に十分に発達しておりピークに近いため、激しい上昇は見られないと述べました。

彼は、プレアシアヌーク州は、開発の基礎レベルが低いこと、そして中国の投資家や観光客が流入していることにより、急激に上昇したと付け加えました。

「シェムリアップの町とプノンペンの状況は似通っています。両方の場所がすでに開発されているためです。」と彼は言いました。シェムリアップが保護地域であるため高層ビルの用途も制限されています。

カンボジアの鑑定人および不動産業者協会会長のChrek Soknim氏は、同州のセクターは増加率が低いにもかかわらず健全であり続けると語りましたた。

「このレベルの上昇は、シェムリップにとって良いことかもしれません。このレベルの上昇は、地域およびカンボジアの経済成長と一致していた」と彼は言いました。

彼はシェムリアップの町のホテル、ゲストハウス、スーパーマーケットそして商業センターのプロジェクトの量が徐々に増加していると言いました。

出典:Phnom Penh Post

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。