カンボジアはMeak Bocheaの日を祝福(2/10)

カンボジアはMeak Bocheaの日を祝福(2/10)

今日(2/8)、数百人の仏教徒が仏塔のあるカンダル州のポンヘ・レウ地区のウドン山でMeak Bochea の日を祝いました。

この祝賀会は、国会議員の上院関係・検査大臣であるメン・サム・アン氏が議長を務め、多くの高官、公務員が出席しました。

カンボジアに認定された外交団の代表もこの祝賀会に出席しました。

Meak Bocheaの日は、仏教徒にとって満月を祝う​​重要な宗教祭であり、ブッダが自身の死を預言した日です。Meak Bocheaの日は、仏教徒にとって、ブッダの教えを思い返す機会です。

※出典:Khmer Times