カンボジアの米、今年8か月で2億6500万ドルを輸出(9/27)

カンボジアの米、今年8か月で2億6500万ドルを輸出

 

カンボジア米連盟(CRF)事務局長のLun Yeng氏によると、カンボジアの国際市場へのコメ輸出は、今年の最初の8ヶ月間で2億6500万ドル以上の価値がありました。

 

Yeng氏は水曜日に、カンボジアが期間中に34万トン以上の米を輸出したとプノンペンポストに語りました。米の輸出は昨年、620,000トン以上または4億7,300万ドル以上に達しました。

 

CRFのデータによると、カンボジアは今年の最初の8か月間に342,080トンの米を輸出しており、前年比で0.13%増加しています。ただし、欧州市場への輸出は32.09パーセント、つまり120,085トン減少しました。

統計によると、この期間中、カンボジアは132,947トンの米を対前年比54.38%増で中国に輸出しました。ASEANへの43,317トンは前年比12.68%増加し、米国、カナダ、オーストラリア、アフリカ諸国では45,731トン、前年比13.63%増加しました。

 

Yeng氏によると、カンボジアの欧州市場へのコメ輸出は、今年初めに欧州のセーフガード措置が実施されて以来、減少し続けています。英国では関税1トンあたり約187ドルが課されており、EUが今年設定した175ユーロ(192ドル)の徴収額よりも低くなりました。

 

「EUに輸出された米の量は減少しましたが、香り米は白米よりも高価であるため、収益は増加しました」と彼は言いました。

 

彼は、ヨーロッパへの米の輸出を促進する努力の中で、CRFは解決策を見つけるために来月にヨーロッパの農家と直接会う予定だと述べました。

 

「まず、CRFはヨーロッパの農民との調整を試みます。私たちは白米がそれらに影響を与えることを認識していますが、私たちの香り米は彼らが香り米を生産しないため、影響を与えません。

 

「我々は、欧州(EU)が[3年]任期の終了後に米への課税を継続しないよう説得しようとする」と彼は言いました。

商務省の報告によると、カンボジアは今年上半期に1億8,927万ドルを超える247,769トンの米を輸出し、前年比で24.45%増加しました。仕向地市場には、米国、ヨーロッパ、カナダ、中国、およびアセアン諸国が含まれます。

 

※出典:Phnompenh Post