カンボジアとベトナムが国境協定に署名(10/5)

カンボジアとベトナムが国境協定に署名

 

フン・セン首相は本日、ベトナムとの土地境界画定作業の84%の完了は、過去14年間に両政府が達成した具体的な努力を反映していると述べました。

 

フン・セン氏とベトナムのカウンターパートであるNguyen Xuan Phuc氏は土曜日、カンボジアとベトナムの土地境界画定に関するレビュー会議を主催しました。

両首脳は、1985年の補足議定書と2005年の国境画定に関する合意をサポートする文書と、その区分を法的文書として認める文書の2つの法的文書に署名して締めくくりました。

 

記者会見で、フン・セン氏は、国境協定は、両国が解決策を見つけ、国境での紛争を終わらせるために努力したことを証明する明確な証拠であると述べました。

 

フン・セン氏は、「現在、84%を達成するまで、境界の残りの16%を解決し続けなければなりません」と彼は言いました。「この任務を完了するために多くの犠牲を払った両政府の努力に感謝します。」と述べ、カンボジアとベトナムの国境を恐れのない、両国の人々が開発とともにまともで楽しい生活を送れる地域にすると述べました。

 

※出典:Khmer Times