カンダール州新空港建設の土地取得に対する集会に数百人が集まる(5月5日)

カンダール州新空港建設の土地取得に対する集会に数百人が集まる(5月5日)

新しく空港が建設される予定地であるKandal州の人々が、土地取得を行っている会社にこうぎするために、Kandal Stung地区の会場に何百人もの村民が集まりました。

新空港の候補地の一部であるAmpov Preyコミューンの1200世帯が署名して、土地を引き渡したあとの保証を地区職員に要求しました。

新空港の候補地の一部であるAmpov Preyコミューン代表者Yen Yat氏(52歳)は、同エリアの約400ヘクタールが、Oknha Seang Chanheng氏が所有するHeng Development社、およびその地域に不動産を保有していると思われる複数の未知の企業に土地の引き渡しを要求されたと述べました。

「Heng・development社は私たちの土地をつかんだ最初の会社でしたが、今はこの会社が知らない別の会社に移転した可能性があります。 “私達の土地を保有している企業は合計で約5社あります。”

「開発に反対しているわけではない」とYat氏は付け加えました。 「私たちは、この土地で養殖した魚を食べるので、適切な補償がほしいだけです」

今回の行動は、政府が1月に大規模な新空港開発を発表し、地価高騰を引き起こした後、Kandal Stung地区で起きた最初の反発です。