ウェスターダム号の所有者はフン・セン首相がCOVID -19の恐怖の中でカンボジアにドッキングすることを許可したことに感謝(2/19)

ウェスターダムの所有者はフン・セン首相がCOVID -19の恐怖の中でカンボジアにドッキングすることを許可したことに感謝(2/19)

オランダアメリカラインのオーナーであるOrlando Ashford氏は、フンセン首相に表敬訪問を行い、MSウェスターダム号をシアヌークビル港に停泊することを許可した際の人道的ジェスチャーに謝意を表明しました。

首席補佐官のEang Sophalleth氏によれば、Ashford氏は、船舶とその乗客と乗組員に差別が及ばない温かい歓迎ともてなしに対して、首相とカンボジアの人々と当局に深い感謝を表明しました。

MSウェスターダム号は、COVID-19で汚染されることを恐れて、各国に入港拒否され、食料やその他の必需品が不足していることがわかりました。

フン・セン氏は、「カンボジアは引き続き、グローバルな課題に共同で取り組むために、パートナー組織および国際社会と協力しています。道徳的価値、美徳、生命への権利、そして世界中の人間の幸福を促進するために恐怖と偏見の病気を排除します。」とカンボジアは国際社会の一員として責任ある国家であるとオーランド氏に語りました。

彼は、クルーズ船で新型コロナウイルスの症例が見つかった場合、ウェスターダム号がさらに速くドッキングできるようにすることを強調しました。

首相は、乗客の世話をし、新型コロナウイルスの発生の中で彼らが全員、安全に家に帰ることを保証するためのHolland America Lineの良い対応を高く評価しました。

※出典:Khmer Times