イギリスのホテルチェーン カンボジアに投資(7/19)

イギリスのホテルチェーン カンボジアに投資

 

カンボジアはイギリスの主要ホテルチェーンが投資を計画しているいくつかの国の一つです。

ホスピタリティネットの最近の報道によると、Yoo Hotels&Resortsは、カンボジア、ベトナム、タイ、インドネシア、マレーシア、フィリピンで、Yoo2lifestyle brandの下に20のホテルを建設することを計画しています。

 

Yoo Hotelsは、世界中のホテルデザイン、ブランド、マーケティングのリーダーとして知られています。ブラジル、インド、ベトナム、ロシア、アメリカ、イタリア、トルコ、セントビンセント・グレナディーン諸島、イスラエル、タイ、コスタリカを含む34カ国に82のプロジェクトがあります。

 

報告書は、大規模な投資が東南アジアにおけるYoo Hotelsの拡大の一部であることを指摘しました。すでにそれぞれ7つと2つのホテルを持っているタイとベトナムで存在感を持っています。

 

カンボジアのホテルの数や場所など、プロジェクトの重要な詳細に関する情報はまだ少ないですが、レポートによると、ホテル経営者の東南アジアでの拡大は、3年から5年で完了する予定です。

また、カンボジアでは、プノンペン、シェムリアップ、シアヌークビルのいずれかになると見込まれています。

 

カンボジアの英国商工会議所(Britcham)の取締役を務めるPaul Dodd氏は昨日、Yoo Hotelsのカンボジア市場参入の計画を知って喜んでいると、Khmer Timesに語りました。

「BritChamは、Yoo Hotelsがカンボジアへの進出を決定したことを非常に嬉しく思います。カンボジアが観光客のドルでベトナムとタイとの本当の挑戦をすることを示していると私は思います。」と、Dodd氏は言いました。

「私たちは彼らにあらゆる成功を祈り、可能な限り私たちは援助を提供します。アジアへの投資を選択する際には、すべての企業がカン​​ボジアを考慮することを推奨します。」と彼は付け加えました。

 

英国はカンボジアにかなりの投資をしています。BritChamの会員数は80人近くで、主に建設および不動産、保険、教育、経理、銀行業務、その他の事業に携わっています。これらには、Grant Thornton、Jaguar、Land Rover、KPMG、Deloitte、PwC、Prudential、Hong Kong Land、Standard Chartered Bank、およびJardinesが含まれます。

 

※出典:Khmer Times