アジア開発銀行、カンボジアの新しいパートナーシップ戦略を発表(10/28)

アジア開発銀行、カンボジアの新しいパートナーシップ戦略を発表

アジア開発銀行(ADB)は金曜日、新しい5年間の国別パートナーシップ戦略(CPS)を承認し、2030年までに中高所得国になるというカンボジアの目標への支持を表明しました。

 

2019年から2023年の戦略の下で、ADBは農業および天然資源管理、都市部および農村部の生活条件と再生可能エネルギーインフラの改善、人材開発のための14億5,000万ドルの融資、助成金、技術支援を提供します。

 

「公共部門の改革を支援し、組織の能力を向上させることが、ADBのプログラムの中核を維持します。これらのイニシアチブは、カンボジア人へのアクセスとサービスの質、ならびにビジネス環境を改善することを目的としています」とADBは述べました。

 

ADBのカントリーディレクター、Sunniya Durrani-Jamal氏は、新しい戦略が競争力を高め、成長源を多様化し、持続可能な包括的開発を促進し、気候レジリエンスを構築し、ガバナンス改革を加速させるという政府の目標をサポートすると述べました。