アジアはインフラに年間1.5兆ドルが必要(10/30)

アジアはインフラに年間1.5兆ドルが必要

 

アジア太平洋地域の開発途上国は、2030年までに年間1.5兆ドルを共同で見つけて、非常に必要なインフラ開発の資金を調達する必要があります。

 

それは、昨日「アジアのインフラストラクチャー・ファイナンス」と題された新しい本を発表したアジア開発銀行(ADB)からのメッセージです。

 

知識管理と持続可能な開発のためにADBの副社長が編集した本は、Bambang Susantono氏が、世界的な金融不安に直面して地域の成長を継続するための新しい資金調達モデルの緊急の必要性を強調しました。

Susantono氏は、インフラへのGDP投資の提案された5%を満たしているアジアの発展途上国はほとんどいないと指摘します。彼は、ブルネイ、カンボジア、中国、インドネシア、日本、韓国、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムで構成されるASEAN + 3集団全体のインフラに資金を供給するために、2030年までに22.6兆ドルが必要であると主張します。

 

「アジアの発展は、その巨大なインフラ投資ニーズを満たすために、新しく革新的な、すぐに使える資金調達ソリューションを見つけるよう努力しなければなりません。Susantono氏は昨日マニラでの本の発売で、ADBの内外の専門家によって準備されたこの豊かな集合ボリュームが、インフラ資金調達の具体的かつ具体的な方向を示し、思考の糧を提供すると確信しています。

各国は、今後11年間にわたって毎年GDPの5%以上をインフラに費やすよう求められました。この予測は、気候変動の影響が予想よりも早く発生した場合、合計で最大1.7兆ドルになります。

 

専門家は、カンボジアがすでにPPPスタイル(官民パートナーシップ)の資金調達の可能性を設定しており、民間部門がカンボジアのインフラ開発を支援できるように、そのようなプロジェクトの資金調達の代替モデルを探すことを推奨しています。

経済財務省の中央官民パートナーシップユニットの責任者であるSam Vongsy氏は、政府予算の限界を超えてインフラの成長を刺激するために、カンボジアでより多くのPPPが離陸することを期待しています。

「一般の人々にとって何らかの目的と利益がなければなりません。これらのプロジェクトは一般向けですが、私たちは民間部門を利用して、これらの活動の多くを一般向けに提供しています」と彼は今年初めに述べました。

 

投資を私有財産プロジェクトからよりインフラに焦点を合わせたプロジェクトにシフトするタスクは単純ではありませんが、ADBが警告しているように、それは必要です。

 

※出典:Khmer Times