たばこ税に引き上げの声(4/24)

たばこ税に引き上げの声

医療専門家は政府にたばこ税を増やし、その資金を使用して一般市民のための医療給付の拡大を求めています。

東南アジアのたばこ規制同盟、世界保健機関、そして昨日のカンボジアの健康運動は呼びかけを行い、政府が命を救うべきだと記者会見を開催しました。

共同プレスリリースでは、専門家らは、168万人の成人がタバコを吸う一方、約50万人がタバコを噛んでいると述べました。彼らは若者のたばこ消費量も増加していると述べました。

SEATCAのエグゼクティブディレクターのUlysses Dorotheo氏はカンボジアのたばこ税率は2530%であり、依然としてこの地域で最も低い水準にあると述べています。

「近年、たばこ税政策は強化されてきましたが、たばこの消費をやめさせ、社会開発プログラムのための政府の収入を増やすための十分な可能性にはなっていません」と同氏は述べました。

WHOの代表Yel Daravuth氏は、たばこ税は少なくとも70%に設定されるべきであり、その収入は社会および保健分野を支援するために使われるべきだと述べています。

「たばこに対する高い税金は、低コストだが効果的な介入であり、WHOは政府にお金をかけないため、双方にとって有利な政策として推奨しています」と同氏は述べました。 「むしろそれは、すべての人のための医療給付を賄うことができる収入をもたらし、同時に喫煙をやめ、タバコが原因の病気を予防し、それによって人命とより多くの節約に繋がります。」

CMH事務局長のMom Kong氏は、健康と経済の専門家はカンボジアの健康部門がたばこ税の増税から恩恵を受けることができると合意したと述べました。

同氏は、政府は消費量を抑えるためにタバコ製品の高価格化を目指すべきだと述べました。

2018年にプノンペン王立大学と経済財務省の課税総局が行った調査によると、たばこの価格が1パケットあたり最大2.50ドルであれば、たいていの若者はたばこの購入をやめますが、たばこの価格はたった0.5ドルです。同氏は、カンボジアの年間1万人がたばこ製品で死亡しており、政府は16300万ドルを病気の治療に費やしていると述べました。

カンボジアの相対所得に関する調査によると、タバコは2002年と比較して2016年に2倍ほどの価格になりました。

2017年の調査によると、98.4%の若者が紙巻たばこの価格を1パックあたり1.5ドルから2.5ドルに引き上げるべきだとしています。

調査によると、それらの90.2%が政府が消費を減らすためにタバコ税とタバコ価格を引き上げるべきだと示唆しています。

彼らはまた、たばこ税の収入はカンボジアの保健プログラムに向けられるべきであるという考えを支持しています。

昨年、保健省は、カンボジアの喫煙者が年間21,150万ドルを費やしたことを明らかにしました。政府はタバコの消費によって引き起こされた病気の治療に16270万ドルを費やしたと述べました。

さらに、同省は、非喫煙者の60%が職場や公共の場所で意図せずに間接喫煙にさらされていたと報告しています。