【カンボジア】内務大臣、サム・レインジーのクーデター計画を国民に警告(10/27)

【カンボジア】内務大臣、サム・レインジーのクーデター計画を国民に警告

 

Sar Kheng内務大臣は、11月9日のサム・レインジーの計画された復帰に陥らないように人々に呼びかけを繰り返しました。

 

本日彼のFacebookページに投稿したKheng氏は、レインジー氏のクーデタープロットに関連するとされている支持者を逮捕した警察によって取られた法的​​措置を擁護しました。

 

「政府の最高責任者の一人として、平和、社会の安定を破壊し、政府を打倒しようとする活動に対して取られた行動は、人権や民主主義の侵害ではないことをもう一度明確にしたいです。11月9日にレインジー氏がカンボジアに戻ることを計画していたという繰り返しの発表について、彼は軍の役人と兵士へ彼に加わり政府を転覆するよう呼びかけました。彼はまたカンボジア国王を侮辱しました。これらの行為は違法でした。」と彼は付け加えました。

Kheng氏は、情報を保持し、レインジーのクーデタープロットに参加しないよう人々に訴えました。

 

※出典:Khmer Times