【TRIP】コンポチュナンの陶器村の魅力(5/2)

瓶、花瓶、香炉、貯金箱、伝統的な炊飯器、鍋はすべて、赤土が豊富な場所である、プノンクランデイメーアス山(Phnom Krang Dei Meas Mountain)の近くのほとんどすべての家の前で見つけられるでしょう。

コンポンチュナン州(Kampong Chhnang)のAndong Russei村のほとんどの人々は、陶器を伝統的な方法で作り続けています。クメール・ルージュ政権以前から貿易に関与している人もいます。

しかし、これらの家族の収入源は陶器の生産だけではありません。地域への観光客の増加を利用して、一部は旅行代理店を始めました。

ワークショップのために次の顧客を待っている3人の女性が陶器の前に座っています。観光客を魅了するために、入口には花瓶を使った伝統的な噴水と長い竹製のベッドを設置し、観光客がホイールを操作しながら座ることができるようにしています。

47歳のPov Sambonと10代の2人の娘は、3,000を超える石油ランプを製造し、仏教の儀式で使用するために顧客や塔に販売しています。

「ミークボアケデー(Meak Bochea Day)やビサックボチーデー(Visak Bochea Day)などの宗教的な儀式の最中に、式典中に点灯する何千もの粘土製オイルランプの注文を受けました。私たちはいつも陶器やお土産を作るのに忙しいのです」とSambonは言います。

村人たちは常に陶器のスキルと知識を好奇心旺盛な訪問者と共有することを心待ちしています。

Sambonは母親から陶器を学び、現在は工芸品を娘に伝えています。「多くの人々が村を訪れます。シェムリアップ、バッタンバン、プノンペン、およびカンボジアの外からも来ています。」

「時お土産を1つか2つ購入する人もいれば、仕事で私たちを見に来るだけの人もいます。工芸品を私たちから学ぶ人もいます。」と彼女は言います。

プノンペンに住むPy Naraは、職場で村の女性を観察し、陶器の作り方に興味があると語っています。

「初めて彼らがそれをするのを見たとき、それは十分に簡単に見えました。彼らは粘土を車輪の上に置き、まるで魔法のように、粘土は徐々にランプになります。ところが、試してみたところ、思ったより難しいことがわかりました。できませんでした」と彼は言う。

「粘土製品は壊れやすいので、ほとんど購入しません」とPov Kongkeaは言います。

ワークショップの1つでは、村人は手押し車を使用するより近代的な方法で訓練を受けています。この方法は、粘土を打つために使用される木製のパドルで瓶を形作り、それは内部の丸い木製のノブによって支えられています。

「観光客は仕事で私たちを見たり、工芸品を学ぶことができます。カンボジア伝統陶芸プロジェクトに関連する企業であるKampong Chhnang PotteryのTeang Sophanは言います。

「観光客が私たちのしていることを見に来ます。彼らが購入したくない場合、それは問題ではありません。私たちはそれらを押し付けません。現在、ほとんどの観光客がワークショップを訪れています。ほとんどの人が村の周りを歩いて、村人たちが今何をしているのかを見ているからです。」

1メートルの高さの土鍋を注意深く作り上げたSam Sokhaさん(33歳)は、この伝統的な芸術の形についての知識を共有して喜んでいます。

「私は今、顧客が市場で販売できる花瓶を作っています。1日で10個の花瓶を作ることができ、価格はそれぞれ12,000リエル[$ 3]です。」と、14歳でクラフトを学び始めたSam Sokhaは言います。

Chea Muonは、壁と床に乾燥した粘土が飛び散ったコテージで、粘土を集めてそれを使って美しい鍋を作ることが彼女の毎日の日課です。

「粘土を毎日叩き、毎日約10ポットを作ることができます」と85歳のMuonは言います。彼女は高齢のため、物事を思い出したり、ジャーナリストの質問に答えたりするのが難しいことがよくあります。

彼女の孫娘であるSokhaは、ジャーナリストや、彼女の人生と技術についてもっと知りたいと思っている他の人々との取引を手伝っています。

「私の祖母は毎日ポットを作り続けていますが、ビジネスが利益を上げているのか、それとも損失を出しているのか、彼女は知りません。」

「彼女の子供や孫は彼女に辞めてほしいと思っていますが、やめません。粘土を買うこともあれば、自分で掘り出すこともあります。粘土を購入できるように、訪問者はいつも彼女にお金を渡します。」とSokhaは言います。

Andong Russei Tourism Communityは、地元の手工芸品を宣伝し、家族の収入を増やすために設立されました。しかし、組織はいくつかの困難に直面しています。

「時には、ホスピタリティについて学ぶことができるように、集落に村人を招待しています。しかし、多くの人は時間の浪費で利益を得られないと思っているため、来たくないと思います。」とAndong Russei Tourism Communityの責任者でもあるSambonは言います。

Andong Russei村の400家族のうち、15家族だけがこの組織に参加しています。

数年前に作成されたAndong Russei Tourism Communityでは、観光客が土鍋の生産を直接体験することができます。

観光客は、彼らがヤシの木に登るのを見たり、ヤシのジュースを沸かしたりすることを含めて、村人たちがヤシの砂糖を生産する方法を見ることができます。

「私たちは多くの困難に直面していますが、私はこの組織が機能することを望んでいます」とSambonは言います。

(出典:The Phnom Penh Post )