コロナウイルス第二派への警告(5/12)

カンボジアの世界保健機関(WHO)とフン・セン首相は、一般市民にCovid-19について引き続き注意を払うよう呼びかけました。彼らは、ウイルスの第2の波は「真の脅威」であることを人々に思い出させました。

王国が約1か月間新しい感染例を報告していなかったにもかかわらず、控訴は来ました。

カンボジアのWHO代表Li Ailan博士は月曜日の記者会見でCovid-19のパンデミックは終わっていないと述べました。

「私たちはパンデミックがどのように進行するかを断固として予測することはできないので、次の波がカンボジアに来るときのために最善の対応を準備することが私たちにとって最善のことです。

「私はこの機会を利用して、私たちすべてとカンボジアの人々に3つの重要なことを呼びかけます。用心深く、新しい常識の擁護者となり、将来の緊急対応に備えてください」と彼女は言った。

王国は過去3か月間パンデミックウェルを封じ込めてきましたが、第2波の可能性にも備えなければならない、と彼女は言いました。

アイラン氏は、パンデミックは世界を変えたと語った。日常生活の習慣も変化しました。これには、人々が勉強、旅行、仕事など様々なものが含まれます。

制限を早急に緩和したり、適切な計画を立てずに事業活動を開始したりすることは、国にとって有害で あると彼女は言った。

厚生労働省の国防長官、またはバンディーンは、カンボジアのほとんどすべてのCovid-19患者は新しい症例が記録されずに回復したが、パンデミックは終わっていないと述べた。

カンボジアは、ウイルスの「ハンマー」段階を克服したと彼女は言った。

彼女は、王国は現在「ダンス」段階に入っていると述べ、正常に戻り始めているが、予防策を真剣に取り扱わなければ感染の第2波を引き起こす可能性があります。

「カンボジアは正常に戻っていますが、市民は、手を洗ったり、マスクを着用したり、集まりを避けたりするなど、日常の予防策を講じる必要があります。

「カンボジアはハンマーを克服しました、そして次の段階はダンスです。それは私たちが正しい方法で生きなければ、私たちは転倒して感染の第二の波を引き起こす可能性があることを意味します」と彼女は言った。

彼女は、市民が警戒を怠らず、結婚式、宗教集会、夜の外出を一時停止することを提案しなければならない、と述べた。

ヴァンディネは、市民に地球の状況を評価するためにさらに23か月待つように助言しました。

コロナウイルスの感染率は世界的に高く、1日で数万人が感染しており、400万人以上が感染しており、26万人が亡くなっているとバンディンは述べています。

「研究は、人々が集まるとCovid-19がより速く広がることを示しました。集会中の広がりは驚くべきものです。特に人が別の場所に移動している場合、人から人へそれを広げるリスクは大きい」と彼女は言った。

金曜日、フンセンはFacebookの投稿で市民にCovid-19の蔓延を防ぐために健康管理に集中するよう呼びかけました。

「この病気は残忍で、人から人へと急速に広がります。カンボジアとWHOCovid-19と戦うために手を組んでいます。

「治療法はまだ見つかっていません。この残忍な病気は、世界中の人々の生命を脅かし続けています。多くの国がまだ封鎖されている」と述べた。

フンセンは、すべての市民にマスクまたはクメールクラマを着用し、アルコールまたは手指消毒剤で手を洗うように呼びかけました。

(出典:The Phnom Penh post)

会社登記