Facebookがコロナに関する情報を大量削除(5/19)

Facebookの東南アジア公共政策局長、ラファエル・フランケル氏は月曜日の記者会見で、Covid-19に関する何十万ものコメントと投稿が、身体的危害につながる可能性のある情報を含むためにソーシャルメディアプラットフォームから削除されたと述べた。

一方、情報省のスポークスパーソン、Meas Sophorn氏は、同省はCovid-19に関する誤報を積極的に広めている疑いがある30以上のFacebookアカウントについて一般に警告していると語った。

フランケル氏は次のように述べています。「カンボジアについて共有する統計情報はありません。私が言えることは、世界的に、害につながる可能性のある何十万もの誤報があるということです。通常、データを国ごとに分離することはありません。」

しかし、カンボジアではFacebookがさまざまなユーザーから誤った情報についての報告を受けており、同社は積極的にそれを模索していると述べた。

身体的危害につながる可能性のある誤った情報のみが削除されたと彼は言った、そしてそれらの決定のために、Facebookは外部の専門家に頼りました。

「したがって、Covid-19のコンテキストでは、どのようなコンテンツが身体的危害につながる可能性があるかについて、世界保健機関やその他の世界保健専門家が私たちの指導を受けています」とフランケル氏は述べています。

有害な誤った情報を削除することに加えて、フランケルはソーシャルプラットフォームが最近カンボジアの人々が彼らのビジネスをオンラインに動かすのを助ける他の機能をローンチしたと言いました。

Facebookは現在、米国国際開発庁(USAID)と協力して女性起業家に資金を提供していると彼は語った。

新しいプログラムでは、最大1,700人の若い女性起業家に専門的なビジネストレーニングを提供する予定です。

Sophornは月曜日にThe Postに、パンデミックの初めに、カンボジアはCovid-19に関する大量の誤報に遭遇したと述べました。

「しかし同時に、一部のFacebookユーザーがCovid-19について関係当局によって確認された実際の情報を共有していることも確認しました」とSophorn氏は述べています。

同省は、関係省庁やFacebookと協力して、誤報と戦ったと語った。

Sophorn氏は、カンボジアで有害と思われるアカウントやページをFacebookがシャットダウンしたかどうかを尋ねたところ、次のように述べています。同省からの要請を受け、Facebookアカウントを停止または一時停止しました。」

(出典:The phnom penh post)

 

ビザ取得代行