石油油田開発への期待とコロナによる影響(5/19)

コロナウイルスのパンデミックは、シンガポールを拠点とするクリスエナジー社が開発しているタイ湾のクメール盆地のカンボジア沖合のブロックAにあるアプサラ油田の開発を遅らせると予想されています。

鉱山省の石油総局長、チープサワー総裁は月曜日にポストに、世界的な流行は進展が鈍化していると語ったが、同社は現在もプロジェクトを開発中である。

「会社はまだ仕事を成し遂げるために懸命に働いていますが、Covid-19の窮状のために会社にとって困難です。Sour氏は、技術者を最小限の施設のプラットフォーム建設に派遣することさえ困難であることが判明し、現場での運用が停滞していると述べた。

同省は、同社が計画通りに石油を生産できるかどうかを評価できないと述べた。

「特に、具体的な詳細について直接会談していないため、カンボジア初の石油抽出の可能性を評価できませんでした。

Covid-19の問題が継続しているため、特に感染症の数が増加しているシンガポールでは、国の封鎖が続き、会社は評価を行うことができませんでした。

「私たちの印象は、この病気がプロジェクトの実施に影響を与えたということですが、会社ができることは、それでも続けています」と彼は言った。

今年の最初の4か月間の原油価格の20年間で最も低いレベルへの減少は、石油とガスの需要への壊滅的な影響と前例のない供給過剰と相まって、世界中の石油とガスの事業者に重大な課題をもたらしました。同社は最近のプレスリリースで述べています。

ただし、最初の開発フェーズミニフェーズ1A –は、石油、ガス、水処理用のIngenium II生産用は接続されたミニプラットフォームと5つの初期開発井で構成されます。アプサラ原油は、定期的に荷下ろしするため、生産船に隣接して係留されたタンカーに貯蔵される予定である。

アプサラ油は今年も揚水を開始する予定であり、油田は1日あたり7,500バレルのピーク率に達すると予想されていると付け加えました。カンボジアのブロックAは、長期的にはグループのポートフォリオで最高の収益を生み出す資産であると期待されています。

「グループの差し迫った財政再編を含むすべての要因を考慮すると、ミニフェーズ1Aの開発が成功すると、キャッシュフローに加えて重要なパフォーマンス情報が提供され、将来の開発フェーズにつながる可能性があります」と同社は述べています。

中国が所有するカンボジアリソースエネルギー開発株式会社は、タイ湾の5,500平方キロメートルのブロックD3年間の探査ライセンスを付与され、今年後半に開始される予定です。

サワー氏は、カンボジアは6つの海底石油探査エリアと19のブロックを陸上に割り当てたと述べた。

(出典:The phnom penh post)

ビザ取得代行