セブンイレブン、カンボジアにオープンへ(5/11)

王国内のセブンイレブンの店舗では、各国の飲料やスナック製品だけでなく、地元のパレットに合わせた即席の生鮮食品も提供します。THE NATIONTHAILAND/ ASIA NEWS NETWORK

セブンイレブンジャパン株式会社の米国子会社は、来年コンビニエンスストアをカンボジアに拡大し、タイの複合企業Charoen Pokphand Group Co LtdCP Group)が王国での事業を監督できるようにします。

日本の共同通信は金曜日に、コングロマリットのSET上場小売部門であるCP All Plcがダラスに本拠を置くセブンイレブンと提携し、2021年に子会社のCP AllCambodiaCoを通じてセブンイレブンの店舗を運営すると発表した。

セブンイレブン・ジャパンの親会社である日本の小売グループであるセブン&アイ・ホールディングスの広報担当者は共同通信に、プノンペンに最初の店舗がオープンする予定であると語った。

彼女は王国のセブンイレブン店が国際的な飲料とスナック製品だけでなく、地元のパレットに合わせたすぐに食べられる生鮮食品を提供すると述べた。

セブン&アイ・ホールディングスは他の国にも店を開くことを検討しており、今年の終わりまでにインドに店を開く計画を立てていると彼女は言った。

タイのカンボジア大使Ouk Sorphornは日曜日にThe Postに、カンボジアでのセブンイレブンのコンビニエンスストアの存在が、両国間の経済、文化、観光を促進することに向けられた政策の成功の良い兆候であると語った。

また、バンコクのカンボジア大使館が観光客や外国人投資家を訪問してカンボジアに投資するよう誘惑するために実施しているタイ・プラスワン戦略の可能性を反映しています。

タイプラスワン戦略は、日本企業がタイで開発したサプライチェーンネットワークを近隣諸国に拡大し、タイの主要な地域生産拠点を維持しながら、低コストの生産拠点から利益を得るビジネスモデルです。

ソーポーン氏は、「セブンイレブンプロジェクトは、カンボジアとタイの間の二国間貿易を促進するだけでなく、CP All Plcの社長が従業員の少なくとも90%が地元住民になると約束しているため、多くの雇用機会を生み出すだろう」と述べた。

計画によると、CP Allは当初、約700から1,000のアウトレットに単独で投資する。その後、フランチャイズをカンボジアの企業や、王国でセブンイレブンのコンビニエンスストアを運営したい外国の投資家に販売します。

カンボジア中小企業連合連盟のテ・テインポー大統領は日曜日にポストに、カンボジアでのセブンイレブンの存在を歓迎すると語った。彼はコンビニエンスストアチェーンがカンボジア製の製品専用の棚を割り当てることを検討することを望んでいると彼は言います。

「セブンイレブンが自社製品を自社の店舗にストックすることを選択した場合、それは素晴らしいことです。彼らがタイ製の製品を販売するだけなら、それは私たちの地元の生産者に影響を与えるでしょう」と彼は言った。

ソープホーン氏によると、セブンイレブンのコンビニエンスストアの在庫には、少なくとも50%の地元産の商品が含まれるという。

「今年の初めにCP All Plcの理事会会長であるKorsak Chairasmisakとの会議中に、CP Allにタイのセブンイレブンアウトレットで販売するカンボジア製品を輸入するように要請しました。会長は私の要求を受け入れた」と述べた。

大使館と同社はタイ国内の販売店に試験的にカンボジア製品を紹介するために協力していると彼は言った。

「残念ながら、Covid-19の大流行のため、プロジェクトは延期されました。それにもかかわらず、CP Allの投資により、カンボジアとタイのセブンイレブンの店舗で、より多くのカンボジア製品がすぐに利用できるようになることを期待しています」

CP Allは、1989年にタイでセブンイレブンの店舗を開設し、現在約12,000店舗のネットワークを運営しています。

(出典:The phnom penh post)

ビザ取得代行