コロナによるカンボジア経済への影響と施策(5/10)

Covid-19パンデミックが地域経済と世界経済を掌握し、生産と世界的な需要を混乱させる中、経済大臣のアウンポルノモニロスは民間部門と政府に協力して王国の経済成長を維持するよう要請しました。

先月末の民間部門との会談で、ポーンモニロス氏は、地域および世界の成長の縮小は、旅行の制限や発生に対応して実施された限られた効果的な対策と相まって、王国の主要部門のビジネスの存続を脅かしていると述べた。

「政府は常に民間セクターを経済成長と雇用創出の主要な原動力と見なしてきました。Covid-19の普及状況において、政府と民間セクターは共通の課題に直面しており、社会的および経済的持続可能性を促進し続ける必要がある」と述べた。

カンボジア商工会議所のLim Heng副大統領は、危機への対応として、政府は衣服、観光、運輸、中小企業(SME)などの影響を受けるセクターを支援するために積極的なアプローチを取っていると述べました。

「政府は、パンデミックの影響を大きく受けているセクターを対象とした免税など、民間セクターを支援するための3ラウンドの介入措置を発表しました。これはこの厳しい時期に私たちにとって大きな助けとなり、政府と協力して経済を後押しすることを楽しみにしています」と彼は言った。

3月中旬に、国内総生産(GDP)の7%に相当する8億ドルから20億ドルの財政刺激策が発表され、6か月から1年でコロナウイルスの包括的な影響が緩和されました。

47日、フンセン首相は、停止中の工場で雇用されているすべての労働者が月額70ドルを受け取ると発表しました。雇用者からは30ドル、政府からは40ドルです。

44日、完全に国営のカンボジア中小企業銀行(SME Bank)が発足し、中小企業に資金を提供するための初期資本が1億ドルになりました。

316日、国有の農業および農村開発銀行(ARDB)は、地元の農業セクターの中小企業の信用へのアクセスを増やすために5,000万ドルの資金を立ち上げました。

ポーンモニロス氏は、政府による3回の支援策により、影響を受けた主要セクターの企業や工場が事業構造を維持し、事業を継続できるようになると語った。

一時停止または解雇された縫製工場の労働者は仕事に戻ることができ、経済の中核である中小企業は引き続き活動するだろうと彼は言った。

「民間部門と政府は引き続き緊密に協力し、Covid-19の最中またはその後に発生する可能性のある新しい機会をつかむ準備をしなければならない」と彼は述べ、民間部門からのすべてのインプットは次期に考慮されると付け加えた。刺激パッケージ。

アジア開発銀行(ADB)が行った最近のシミュレーションでは、1か月にわたる旅行禁止と発生による国内需要の急激な減少を背景にした最良のシナリオでは、カンボジアは、総GDPのうちの1.15%にあたる28330万ドルのみで抑えられる見込みがある明らかになっている。

しかし、発生が6か月続く場合、GDPから最大71140万ドルの経済損失があると予想できる。さらに悪い状況の場合、ADBは、カンボジアが6か月を超えてそれ自身の発生を経験した場合、想定より悪い10億ドル近くの経済的損失がある可能性があると述べた。

(出典:The phom penh post)

ビザ取得代行