カンボジアアンコール航空9月15日定期便再開

観光省は、カンボジアアンコール航空が9月15日から定期便を再開することを発表した。

この再開は、国内のCOVID-19の感染拡大を抑えることができている状況下で、カンボジア国内観光客の移動促進を目指したものである。

観光省は、人の行き来が増加し、車両の増加で交通渋滞も増えてきているので、カンボジアアンコール航空がプノンペンとシアヌークビル間のフライト再開に期待していた。これは国内の観光客、ツアーガイド、そして投資家からの要望でもある。

15日にシェムリアップ-プノンペン間、17日プノンペン-シアヌークビル間の国内線が開始される。また、国際線は16日にプノンペン-中国広州間から再開される予定である。

(各記事を参考に編集・作成しています。)