カンボジアは中小企業をサポートするための新しい措置を発表

カンボジア経済財政省(MEF)は、中小企業(SMEs)が直面している現在の問題を解決するために主な2つの対策を発表した。

1つ目の対策は、ビジネスコンサルタントや弁護士、法律コンサルタント、事業登録、会計、マーケティング、技術面を含むサポートを提供する可能性の有無に関する中小企業のコンプライアンスに焦点を当てている。カンボジア中小企業銀行(※1)と農業農村開発銀行(※2)を通じて中小企業に対する資金援助と支援を推進する。

2つ目の対策は、規制の枠組みと実施の改革による継続や支援されるビジネスの促進、資金援助、市場の促進、人材育成と研究開発の推進と強化、起業家精神の向上など、中小企業のエコシステムをサポートすることである。

主要国である米国や中国、日本の中小企業は、GDP5060%に貢献しているなど、経済にとって重要なセクターと見なされている。しかし、カンボジアでは、中小企業は労働者の全体の約70%を雇用し、売り上げの約60%に貢献しているものの、明確なポリシーと定義が定められていない。

1the SME Bank of Cambodia
2the Agriculture Rural Development Bank

(各ニュースサイトを参考に編集・作成しています。)