カンボジアの基本情報

カンボジア基本情報

カンボジアの基本情報を紹介しています!!

基本データ

アンコールワットのある神聖な街

カテゴリー別

2020年 経済

2020年 歴史

2020年 政治

2020年 文化

2020年 教育

2020年 祝日

2020年カンボジアの祝日

盗難に遭った時

使えるクメール語

郵便番号

郵便番号

トゥクトゥクについて

トゥクトゥクについて

使えるクメール語

使えるクメール語

使えるクメール語

使えるクメール語

【コラム】結婚式に招待されたら②

話を戻しましょう。 カンボジア人から結婚式の招待を受けた場合、 基本的に遠慮は無用です。行った方が喜ばれます。 外国人の友人がいる、というのは農村部ではちょっとしたステータスなので 場合によっては物珍しさに連れ回されたり撫で回されたりもしますが、 好奇心と親愛の表れだと思って、ニコニコしておけばOKです。 どのみち披露宴会場では大ボリュームで爆音BGMが鳴っており、 テーブルでの会話などは物理的に不可能(聞こえません)ですので、 クメール語の心配をする必要も、あまりないのです。 テーブルに運ばれて来る飯を食って、目があった人に笑いかけて、 あとはひたすら乾杯を繰り返す、というのが披露宴です。 およそ5分か10分に一度、乾杯をします。 会場の何が判断しているのかは謎ですが、どこかのタイミングで 出席者が(自主的に)輪になって踊り出す事があります。 司会者が「それでは、そろそろ!」と促して来るわけでもなく、 式進行次第の様な決められたプログラムがあるわけでもなく、 そして、スペースの問題なのか、必ずダンスが行われるわけでもないのですが、 なんでしょうね、おそらく彼らなりの呼吸と、場の空気で、 みんなが「これはそろそろ踊る感じだな!」って思うんでしょう。 BGMがそれっぽいダンスミュージックを流し始めたら、とか

[ もっと読む> ]

【コラム】結婚式に招待されたら①

  カンボジア人と仕事をしていると、 結婚式の招待状をもらう事が、しばしばあります。 私も先日、なんの前情報もなく急に招待状を渡されました。 「えっそんな相手いたの?」って言いました。 カンボジアでは、あまり婚姻届けの様な書類は重視されません。 扶養手当なども無いため、お金をかけて書類を作成する事に対して、 あまり価値を感じない人が多いみたいです。 その代わりに重要視されるのが、結婚式を挙げたか否か、です。 お金をかけて結婚式をちゃんと挙げていれば 書類がどうあれ、あの2人は夫婦であると、村の皆が認知してくれます。 農村社会が土台にあるカンボジアでは、その種の儀式は村のコミュニティ内で非常に重要であり、プノンペンに住んでいる若者にとっても、実家が農村にあれば、村人との付き合いは完全に無視できるものではありません。 都市部で結婚式場を借りて式を挙げるカップルも増えてきましたので その場合は一日で終わらせるのが一般的との事ですが、 田舎の村で結婚式を挙げる場合は、3日間かける事もザラです。 一度、日本人の友人の結婚式に出席して田舎まで行きましたが、 儀式→参拝→儀式→儀式→披露宴、みたいな構成でした。 村のお年寄りに聞いたところ、昔は一週間かけたそうです。 冠婚葬祭が最大の娯楽である農村部ならではですね。 外国人である我々には、一つ一つの儀式の意味などは分からず

[ もっと読む> ]

【コラム】カンボジア人と歌文化(カラオケ編)

前回に引き続き、歌文化について、です。 カンボジア人と仲良くなると、カラオケ(KTV)に誘われます。 こちらでKTVと呼ばれる店舗は、日本で言うなら カラオケとキャバクラが合体した様な施設です。 カラオケ設備があり、当時にホステスさんがいます。 入室するとゾロゾロとホステス女性陣が入って来て、 「隣に座らせる子を選べ」と言われます。 お店によっては10人以上が部屋に押しかけてきます。ちょっとビビります。 一応、選ばない(要らない)という選択肢もありますが、 ホステスさん達はそれが仕事なので、嫌な顔をされる事もあります。 お酒を注文してKTV遊びがスタートするわけですが ここで問題になってくるのが、そのお店のカラオケ機器の新しさ、です と言いますのも、古い機器だと外国の歌がほとんど入っていなく、 洋楽はカーペンターズやビートルズ縛り、 日本の歌は森進一や中島みゆき縛り、という場合があります。 また歌を入力する際に分厚い本を渡してくる店もありますが (あの本ってなんて呼べばいいんでしょうね?) 中国で使用されていたのか、日本の歌なのに全部中国語表記されており、 歌いたい歌を探すのに中国語の知識を要求される場合があります。 (これらは主に、ローカルのちょっと古い店での話です。) 漢字(簡体字)を見て歌手を解読するのも大変なので、

[ もっと読む> ]

【コラム】カンボジア人と歌文化(前編)

ある程度の期間、滞在された事のある方ならご存知の事と思いますが カンボジア人は歌が大好きです。歌うのも聞くのも好きです。 タクシードライバーは運転しながら歌っていますし、 食堂のウェイトレスの姉ちゃんも接客中に歌います。 あと祝日休日なんかになると、隣近所から大音量で カラオケなのかインターネット視聴なのか、 クメール語の歌が(大音量で)聞こえてきます。 朝から晩まで聞こえてくるので、最近の流行りのクメール音楽などは だいたい(一方的に)(不本意ながら)耳にする事になります。 カンボジアの音楽業界については私はさほど詳しくはないのですが、 やはり人気の歌手が居て、定期的に新曲を出している様です。 ただ、どうも著作権というものに対する認識が独特、個性的で、 CD音源などはさほど流行っていません。主にネット配信です。 著作権がないからなのか、事務所的な交流なのかは知りませんが、 他人の歌をカバーする事が一般的です。 長年、女性シンガーの歌だと思っていた歌が、 実は男性シンガーの方がオリジナルで、女性はカバーだった事や、 その逆のケースがしょっちゅうあります。こちらでは普通の様です。 あと日本の歌や中国の歌がクメール語に翻訳され、 カンボジア音楽として認知されている事もしょっちゅうあります。 彼らは彼らで子供の頃からクメール語バージョンを聞いて育っているので

[ もっと読む> ]

カンボジア人の就活、労働文化(後編)

さて引き続き今日はカンボジアの人と仕事をしていく上で見逃せない、 彼らの労働文化などについてご紹介していきます。 もともとが土壌に恵まれた、ゆるーい農業国家でしたので、 日々のノルマや就業時間などについては、認識の擦り合わせが必須です。 帳尻さえ合わせてしまえばいいじゃないか文化が強く、 待ち合わせ時刻なども、あくまで目安です。 こちらが約束の時間に約束の場所に到着したのを電話で聞いてから、 向こうが自宅を出発する、というのが普通にあります。暑いからでしょうかね? そういった土壌で育った人たちなので、共有ルールの作成と衆知が必要です。 日本人的には「ルーズ」に映りますが、そういう習慣の国なだけで、 こちらが時間厳守を求めれば、素直に従ってくれる事が多いです。 一方で社外の業者外注の際などは、平気で一日二日は遅刻(遅刻?)してくるので、 ローカルの業者に依頼などをする際には、その前提の下でスケジュールを立てる事をお勧めします。 また日本人との大きな違いとしては、会社に所属して会社に奉職する、という意識ではなく、あくまで彼らの最優先事項は自分の家族です。 「仕事を優先して家庭を犠牲にする」といった古来からの日本式美意識はこちらでは評価されず、どちらかと言えば批判され、不思議がられます。 価値観の違いと言えばそれまでですが、あらためて言われてみると確かに、と思う部分もあります。

[ もっと読む> ]