カンボジアの冷凍食品市場 2024年までに1億1,956万ドルに達する予測

カンボジアの冷凍食品市場は、2019年から2024年の間年平均成長率3.9%で成長し、2024年までに1億1,956万ドルに達すると予測される。

西洋料理の影響と観光増加が冷凍食品市場の成長が主要な要因だ。最近では、カンボジアの人々は、長い間西洋文化の一部である間食をする傾向にある。増加する駐在員人口と観光客は、国の冷凍食品のターゲット消費者だ。

東南アジア諸国は、概して、食品の安全性に関する懸念に追われている。冷凍食品は安全であると考えられており、その結果、カンボジアでの冷凍食品の需要は高まっている。

Bulletin Line市場調査報告によると、東南アジアの文化的伝統である1日何回も(1日4〜5回、ただし比較的少量)食べる習慣から、ほとんどの先進国規範の1日3回食事をとる習慣への移行が広く注目されている。

この傾向には、調理済み食品の購入の増加および冷凍食品の消費も含まれる。西洋食のトレンドの急速な広まりにより、パッケージ食品産業、特に冷凍食品と冷蔵食品の小売売上高が増加した。

カンボジアの消費者は、冷凍デザート、冷凍ポテト、冷凍調理済み食品に対し高い需要を示した。カンボジアの一部の輸入業者は、ホテルのレストランや施設(HRI)の取引に特化しており、適切な冷凍冷蔵保管および流通インフラを持っている。DFI LuckyやThai Huotなどの現代の食品小売業者のほとんどは、小売店または卸売業者を通じてHRI取引にもサービスを提供している。

主要シェアを占める冷凍シーフード

冷凍シーフードは、カンボジア市場の冷凍食品の主要なシェアを占める。冷凍シーフードメーカーは、自国市場の業者と価格を競うのに苦戦している。

カンボジア基準協会※1(ISC)と国連工業開発機関※2(UNIDO)は、2016年に提携し、国際基準に準拠した4つの水産物の輸出を増やした。

魚醬、冷凍エビ、干しエビ、カニは、国内の主要な魚介類輸出品だ。多忙な生活への変化によって、消費者の冷凍食品の味と好みの変遷に伴い、これらの製品の消費期限が長くなっていることから国内で人気を集めている。

 

※1The Institute of Standards of Cambodia

※2the United Nations Industrial Development Organization

(各ニュースサイトを参考に編集・作成しています。)