カンボジアの企業がプラスチック廃棄物を調査(7/22)

カンボジアの企業がプラスチック廃棄物を調査(7/22)

関税通商総局のKun Nhem事務局長は日曜日(7/21)、先週、シアヌークビル自治港で83件のプラスチックゴミで満たされたコンテナが発見されたことについてカンボジア企業から質問されていると述べました。

Nhem事務局長はThe Post(引用元)に、当局が中国人従業員を雇った会社が、米国とカナダから1,600トンのプラスチック廃棄物の違法輸入に関与しているかどうかを調査していると語りました。

調査が完了した時点で、廃棄物は原産国に返却され、罰金が科せられます。

また、関税通商総局は、これはまだ調査段階であり、結果はまもなく発表される予定ですと述べました。

Nhem事務局長は、「調査が進行中のため、会社の名前を明らかにすることはできません」と述べながらも、昨年末からさまざまな廃棄物が持ち込まれていたことは確認していると付け加えました。

Environment and Climate Change Canadaの部長であるJenn Gearey氏は、土曜日(7/20)にカンボジアが提起した懸念をカナダ政府が認識しているとVODに語りました。

カナダ政府はプノンペンのカナダ大使館を通じてカンボジア当局と連絡を取り合い、この問題を綿密にフォローしています。

「カナダ政府は、プラスチックの廃棄物を減らすことで、発展途上国のプラスチック汚染の防止と管理を支援するために1億ドルを費やすなど、革新的な解決策の開発を支援するための行動をとっています。」

「カナダ政府は、プラスチックが適切にリサイクルされる方法を見つけることを約束しているので、最終的な埋め立て地にも私たちの海、湖、川、そして環境にもつながりません」とGearey氏は述べました。

Nhem事務局長は、シアヌークビル自治港の船会社の文書と、以前受け取った港の文書を相互参照することで、廃棄物が米国とカナダから発生したことがわかったことを明らかにしました。

また、The Post(引用元)に、コンテナに有毒または放射性物質は含まれないことを明らかにしたことを伝えました。

Preah Sihanouk州の権利グループであるAdhocのコーディネーターであるCheap Sotheary氏は、公的な懸念を管理するために調査結果を明らかにした関税通商総局を称賛しました。

※出典:The Phnom Penh Post