カンボジアの人材育成の必要性(5/7)

火曜日、カンボジア開発資源研究所(CDRI)の事務局長との会議で、Pech Sokhem労働大臣および職業訓練大臣であるIth Sam Hengは、カンボジアの若者に技術的なスキルを学ぶよう促しました。

Sam Heng氏はまた、CDRIにもっと技術職業教育訓練(TVET)機関を増やすように要請し、人材育成に関連する政府の計画と政策をどのように最適に実施するかに関する研究を行うべきだと述べました。

彼は、現在および将来の労働市場の要件に対応するためには、技術トレーニングと専門性が必要であると述べました。

「同省は、国家訓練委員会を強化し、政府の働く世代を拡大および強化し、民間部門とそのパートナーに権限を与えることにより、これらの部門を促進します。」

「また、同省の下にある38の研究所の能力と効率を確保するためのマスタープランを作成することにより、労働セクターと専門技術トレーニングを開発するための戦略的計画を推進し続けます。」と彼は言いました。

Sam Heng は、民間セクターの人々に教育セクターへの投資を奨励し、より多くのTVET機関の開設を支援を推奨しました。

「私たちは高校の卒業生に就職先で必要な専門的なスキルを学ぶことを奨励しています。また、学士号、修士号、および博士号を取得することもできます。」と語りました。

カンボジア市場は労働力を必要とする一方、若者はTVETプログラムにあまり興味がないようだと彼は言いました。

Sokhemは、CDRIはTVETセクターを支援するために同省と協力し続けると述べました。

(出典:The Phnom Penh Post)