カンボジアと日本の貿易額 10ヶ月間で17億ドルに

カンボジアと日本の二国間貿易は、今年の最初の10ヶ月間で174,800万ドルとなり、前年同期比で8%減少した。日本貿易振興機構(JETRO)が発表した数値によると、20201月から10月までのカンボジアの対日輸出額は135,800万ドルで、昨年の同時期に比べて6%減少した。

一方、カンボジアは日本からの製品を39,000万ドル輸入し、前年比12%減となった。カンボジア商務省によると、日本への輸出の可能性がある商品は、衣類、履物、電子機器である。

昨年、両国間の双方向貿易額は13%増の229,200万ドルとなった。

(各種ニュースサイトを参考に、編集・作成しています。)