カンボジアで養殖部門が好調

農林水産大臣によると、ここ10年カンボジアでは養殖業が目を見張る増加を見せているという。ヴェン・サコン大臣(Veng Sakhon)は、カンボジアの養殖業が2009年の50,000トンから2019年は300,000トン以上に増加したことを最近の注目ニュースとして取り上げた。省の方針では、カンボジアは年間平均20%の養殖産業成長を維持し、2024年までに740,000トン達成を目標に掲げている。大臣は政府の食生活安定を維持する措置や政策を通して今の成長は続くと加えて述べた。

養殖とは水中で人工的に生物を育てることとして知られ、魚類、甲殻類、軟体動物、水生植物、藻類そしてその他生物が扱われている。養殖は淡水と海水の区画環境の下管理されており、天然魚の漁業とは対照的である。国際養殖産業会から報告された生産高によると人間が消費する養殖の魚介類は驚くべき量である。

(各ニュースサイトを参考に編集・制作しています)

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。