カンボジアでアフリカ豚コレラ拡大の疑い(7/12)

カンボジアでアフリカ豚コレラ拡大の疑い

Tboung Khmum州の動物衛生部長のRy Davin氏は、アフリカ豚コレラの発生の原因を現在5番目の州に拡大した疑いがあるため、解任されました。

Veng Sakhon農業大臣の内閣副次長、Chan Heng氏は昨日、Davin氏を今週初めに解任した理由を挙げ、発生への対処および近隣諸国からの豚の輸入の許可を怠ったためと述べました。

 

「同省は、州レベルで行動を起こし、彼を同省の中央政府に引き渡すよう求めました。なぜなら、彼はASFの発生をもたらす[ブタの輸入]を許可したからです」と彼は述べました。

関係者らは、ASFが現在Kandal州に広がり、 Ratanakiri州、Tboung Khmum州、Svay Rieng州、Takeo州に続き、4月以降5番目の州に感染する可能性があると考えています。

Heng氏は、当局者はKandal州でASFで死んだ疑いのある豚の血液を検査すると述べました。

 

「私たちは今、死んだ豚の血液を調査して採取するつもりです。前向きであれば、その地域での発生が正式に発表されるでしょう。」と彼は言いました。「現在、当局は事件に取り組んでいます。」

Kandalの地方農業局長であるBun Tuon Simona氏は、Sa’ang地区のKraing Yov地域にいる何十頭もの豚が病気で倒れたと疑われ、病気のために死んだと述べました。

「我々は現在病気の豚と死んだ豚を選別している」と彼は言いました。「州知事と当局者は現在、事件に取り組んでいます。」

 

昨日の「アフリカ豚コレラ流行問題」に関する記者会見で、総合動物健康生産課のTan Phannara所長は、4月上旬のASFの発生以来、798頭の豚が選別され、何百頭もの豚が死んだと述べました。

「状況が深刻であるかどうか私はまだ結論付けることができませんが、それは病気が広がって、ウイルスの早い感染が動物の死をもたらすので軽く取られるべきではありません。」と彼が言いました。

Phannara氏は、同省がこの病気が他の地域に広がるのを防ぐためにさらなる行動を取り続けるでしょうと付け加えました。

記者会見で発表された動物衛生・生産部の報告によると、Ratanakiri州の2,400頭の豚がASFのために死亡または選別されました。また、43頭のブタがTboung Khmum州、87頭がSvay Rieng州、27頭がTakeo州で死んだとも述べました。

Phannara氏はまた、過去6ヶ月間に首都や州の当局とともに、同省の介入団体が近隣諸国からの55件の豚輸入を取り締まり、1,500頭近くに達したと述べました。彼は、これらの輸入品がASFで発見されなかったと述べました。

政府スポークスマンのPhay Siphan氏は、カンボジアは自由市場プロセスを尊重する国であると述べ、カンボジアの法律は、家畜がASFの影響を受けた家族への補償の規定を定めていないと述べました。

「現段階では、私たちは(ブタを飼育した)家族を支援することを計画していませんが、そうしないことを意味するのではなく、政治的決定です。」と彼は言いました。

彼はまた、農業関係者と緊密に協力し、他の地域への病気の拡大を防ぐために参加するために豚を飼育する人々に呼びかけました。

保健省の伝染病管理部副局長のYi Sengdoeun氏は、ASFは豚だけに影響を与え、人間には影響を与えないことを確認しました。

 

※Khmer Times