カンボジア、EU向け自転車最大輸出国に(6月27日)

カンボジア、EU向け自転車最大輸出国に(6月27日)

Bike-EUというwebサイトのレポートによると、カンボジアは、昨年、欧州連合(EU)への最大の自転車供給国となり、20年間首位を走っていた台湾を抜きました。

そのレポートによると、カンボジアはEUに対して、昨年、142万台以上の自転車を輸出して、2016年の129万台から9%増加しました。

台湾は2016年の輸出台数が156万台に対して2017年は1331万台に減少したことから、17年自転車販売台数は前年比15%減となりました。

カンボジア商業省の張泰(Sang Thay)スポークスマンは、火曜日、カンボジアの自転車生産は、組立部品を輸入するだけでなく、より多くの地元製品を生産する業界に徐々に移行していると述べました。

この動きにより、カンボジアは、EBAEverything But Arms)優遇制度により、自転車をEUに免税で輸出できるようになりました。

EU最大のサプライヤーになることは、自転車輸出業者としての私たちの評価が国際的に高いことを意味します。これは、私たちが生産を増やし、人々のためにもっと多くの雇用を創出できるように、より多くの注文を得るのに役立ちます」と彼は語りました。

2014年に規定された規則によれば、自転車は、EUで免税措置を受けるためには、最低30%のローカル部品を備える必要がありますが、場合によっては、アセアンからの商品もローカル部品と見なすことができます。

カンボジアのほとんどすべての自転車メーカーが台湾系で、そこに本社を置いています。Thay氏によると、カンボジアには5つの製造業者があり、すべてが特別経済区に位置しています。

Chan Sophal政策研究センターディレクターは、カンボジアが自転車をEUに輸出することが一番の喜びであると述べました。

同国の輸出部門では、衣料品や繊維製品が中心ですが、多様化が進んでます。。しかし、カンボジアはより多くのローカルコンテンツと付加価値を生産するために製造業を強化する必要があると警告しました。

「自転車産業による付加価値は非常に重要です。市場の規模が大きくなるにつれて、より多くの地元製品の創造を促すことを願っている」と述べました。

出典:Phnom Penh Post

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。