カンボジア、8月の正月休暇にセキュリティを強化

カンボジア国家警察長官のNeth Savoeun氏は、8月17日から21日までに延期されたクメールの正月休暇の期間中、国家安全保障を強化するように国家警察に命じた。

この措置には、「社会不安を引き起こす」人々の取り締まりを急ぐことが含まれている。また、カンボジア当局は、「安全な村の共同体政策」を積極的に実施し、日和見主義者が不安を引き起こし、人々とその財産の安全を脅すことを防ぐためである。さらに、可能なすべての手段を利用する必要があると述べた。

(各ニュースサイトを参考に編集・作成しています。)