カンボジア、地雷撤去部隊を募集(平成30年9月21日)

カンボジア、地雷撤去部隊を募集(平成30年9月21日)

 

カンボジア地雷対策・被害者支援局(CMAA)は、【2025年までに地雷のない王国の実現】を達成するため、2,000人もの地雷撤去部隊を必要としています。

CMAA副代表を務めるLy Tuch氏は9月21日、マネジメント・フォーラムにて、カンボジアは2025年までに地雷から解放され、人的にも経済的にも地雷・不発弾による課題を解決させなければならない、と主張しました。

「我々はさらに2,000名の地雷撤去部隊が必要だ」
現在、約4,000名もの部隊が活動していますが、辞めていく人も多く、どんどん人員が減っているのが現状です。

同氏はカンボジア地雷対策を支援するためには4億ドルもの大金が必要になる見通しを立てており、今後、ロシア・インド・韓国・その他多数の中東諸国から多くの支援を求めると想定されています。

CMAAのような民営化事業者には、ロイヤルカンボジア軍、カンボジア地雷撤去活動センター、ハロートラスト、MAG(Mines Advisory Group)、ノルウェー人民援助、カンボジアのセルフヘルプ部隊などがあります。これらの事業者も人員募集しており、女性はセルフヘルプ部隊に所属しているようです。

これまで25年間の活動の末、カンボジアは1,036,376個もの人的被害をもたらす地雷を撤去することに成功しています。

(出典:Khmer Times)

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。