カンボジア、ボレイ(土地付き戸建て 住宅 )売行き堅調(5月21日)

カンボジア、ボレイ(土地付き戸建て 住宅 )売行き堅調(521日)

カンボジア人の所得上昇と中国人の高い注目維持により供給過剰の兆候はなし。

ボレイの売上は、7月の国政選挙による不確実性が先行しているにもかかわらず堅調です。それどころか多くのプロジェクトが進行しており、市場は成長を続ける見通しであると業界専門家は語ります。

TOWNCITY不動産のマネージング・ディレクター、Van Chantthorn氏は、「人口1人当たりGDPの伸びと人口の増加が、ボレイ市場拡大に大きく貢献している要因だ」 「完成したプロジェクトが売れていないと、新しいプロジェクトが出てこないだろう。大規模開発は事実、増えている。」と語りました。

2000年に最初のプロジェクトが開始されて以来、カンボジアの高所得者の間で非常に人気があることがと証明されており、デベロッパーは現在中流階級をターゲットにしています。

Vtrust調査社によると、カンボジアは2017年末に約500のボレイ開発プロジェクトがあり、世帯数は約125,000世帯に昇ると推定されています。

同社のリサーチディレクターのHoem Seiha氏は次のように述べています。「我々は2018年予測を調査できていないが、取引は順調に進んでいる。」

不動産専門家によると、3万~6万ドルの住宅が市場で一番売れているとのことです。

カンボジア不動産代理店協会のKim Heang氏は、プロジェクトを完遂、完売するためには、デベロッパーは品質を維持する必要があると警告しました。

「有名なトップクラスのプロジェクトは、既に顧客から信頼を獲得しているため、成功している」と彼は語りました。「品質を重視せず、注意を払わない人は失敗する。 これは自由市場において、当たり前のことだ。」

カンボジア 住宅 開発協会会長、プノンペンのBorey VimeanのオーナーであるOknha Ly Hour氏は、売り上げは順調で、過剰供給の兆候はないと語りました。

「中国の投資家が、この分野の成長に貢献している」と彼は述べました。

彼は、デベロッパーの最大のリスクは、プロ​​ジェクトを完了するための必要な人材の確保であると語ります。 「この急速な発展のスピードに対して、技術的な専門家や建設労働者が不足しているため、リスクがある」

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。